1. まとめトップ

ネットでサッカーを見る「Sopcast」 使い方ガイド~②視聴編~

海外では、様々なサッカーの試合が行われており、日本のケーブルテレビやスカパーだけでは見れない試合が多々ある。そこで、Sopcastを使えば生中継でサッカーの試合を見ることが可能だ。もちろん、著作権的にはグレーなので視聴には自己責任を伴ったり、海外のソフトなので危険も伴う。

更新日: 2014年03月26日

22 お気に入り 105982 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

narukouさん

[はじめに]

これは、SopcastとVLCの2つのソフトの仕組みを理解・用意した方のページとなります。
まだ行っていない方は下のまとめへ。

[1]SOPCASTの基本設定

①まず「Sopcast」を起動します。
 ログイン画面へと移るので、「匿名としてログインする」にチェックを入れ、「このコンピュー
タで自動ログインする」にもチェックを入れログインします。

②無事にログインが終われば、次にオプションを選びます。

③まず言語を日本語に設定します。
「1つのSopcastの起動のみ許可する」のチェックを外します。これで、Sopcastの多重起動が可能となり複数試合の同時視聴も可能になります。

さらに外部プレイヤーの選択で当まとめ①でインストールしたVLCを指定します。
[C:\Program Files (x86)\VideoLAN\VLC\vlc.exe]
↑Windows7 64bitの設定のデフォルトでのVLCの場所はこちら↑
デフォルトのプレイヤーでも試合観戦は可能です(Windows Media Playerを使用します)

[2]実際に試合を見よう!!

①まず見たい試合を探す。
 5大リーグ中位以下同士の試合などはやっていない可能性も有。

画像の見方
【赤丸】すでに試合は終了した
【オレンジ丸】現在放送中
【黄色丸】試合放送予定時間(ロシア時間)
【青丸】この試合を観る!

②次に配信チャンネルを選ぶ。

画像の見方
【青丸】配信ソフト(ここではSopcast+VLC、もしくはSopcastを使う)
【緑丸】配信ビットレート(数が多いほど映像の質は良いが、パソコンに負荷がかかる)
【オレンジ丸】アスペクト比、フレームレート(16:9が望ましい。フレームレートは60FPSだとさらにヌルヌル動く)
【赤丸】このチャンネルで見る!

③手順2での赤丸を押すと下の画像のような注意が出る(画像はGoogle Chromeを使用)
 特に大きな問題ではないので[アプリケーションの起動]を選択

④すると、Sopcastが立ち上がり映像のロードが始まる。

ここで[The channel is offline now...]と出た時は、配信が行われていないか視聴者が多すぎて満員状態となっている。
満員の際は、何度かやり直すとマレに入れる。

⑤無事にロードパーセントが75より上になると正常に映像が再生される。
 これでは画面も小さいので、下の画像の緑丸で囲ったボタンを押す。

画像の見方
【赤丸】ロードパーセント
【オレンジ丸】映像の録画
【緑丸】外部プレイヤー(WMPかVLC)にて再生

⑥すると、VLCが起動し映像が表示される。
ウィンドウの右下で自由に映像サイズは変えれるので、お好みのサイズに変更
オレンジの丸で囲ったところで音量を変えることができる。

{発展編}
初期設定の場合、キーボードの[む]を押すと一回につき映像が×1.1倍速となる。
逆にその上にある[゜(「)]を押すと一回につき映像が×0.9倍速となる。

これは、配信者とのラグを調整するもので、30秒ほど先の映像なら見れるので、ラグ調整となる。
あまりにも先送りにしすぎると映像が止まったり不安定になるので、あくまで目安は30~45秒ほどである。

[関連まとめ]

1