1. まとめトップ
  2. カラダ

体が資本!大物投手のアイシングがすごい アイシング治療

最近のメジャー投手のインタビューをテレビで見ると、え?アメフト選手だったっけ?と思わせるような物を肩に巻いています。あれ何?アイシング?をまとめます。

更新日: 2014年03月03日

yamatanoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
72 お気に入り 67694 view
お気に入り追加

ピッチャーに限らず野球を長く続けていると、持病ともいえるようなの痛みが肘と肩に生じる選手が多い

これは特定の関節や筋肉に繰り返し負荷をかけることから起こる現象で慢性障害ともいわれるものです。

慢性障害を練習後のアイシングで確りとメンテナンスするのが選手寿命に関わるのです。痛みのある部位を冷やすことによって痛みとそれに伴う筋肉のこわばりを軽減するのです。

昔は、野球選手は肩を冷やすなと言って水泳を禁止してましたが、今ではそれが逆転しアイシングすることが効果ありと物理的に立証され、殆んどの投手は必ずアイシングを実施しているらしい

ポイントは、いち早く冷やすこと

筋肉痛は、翌日になってから痛みが強くなりますが、筋肉を激しく使った場合には、痛みが出てからではなく、運動直後に冷やすのが効果的

翌日など筋肉痛がおこってしまってからアイシングをしても無意味なんだそうです  運動後(5分~10分以内なんだそうです)

冷やす効果が特に高いのは、「氷水」。

水は熱伝導率が高い上、氷があることで水温は常に0℃近くに保たれるため、冷却効果は抜群です。

ただ氷を袋に入れて患部を冷やせばいいってことじゃない

アイシングに使用する氷は、0~1℃のものを使うこと.製氷器で作ったものがベスト

冷凍庫で作ったものを使う場合は、必ず一度水道水で流し、表面が溶け始めた氷を使うとよい.

アイスノンなどを使う場合も、必ず水にくぐらせ、タオルなどで巻いて使用する.絶対に肌に直接当てないこと(凍傷にならないように).

氷をビニール袋に入れて使う場合は、ビニール袋を二重にし、アイシングを施す部位に合わせて氷の量を調節する.氷を平面状に整え、必ず中の空気を抜き、しっかりと口を止めること.

ビニール袋や氷のうで作ったアイスパックを、伸縮性のバンテージで固定し、軽く圧迫(応急処置の場合は強めに圧迫)をかけること.

痛みや炎症のある、肩や肘に直接氷嚢をあてます。5~10分程度そのままにずれないようにしてあてておきます。冷え初めて灼熱感を感じしばらくして次にうずきがきます、この疼きが来るまで我慢します。

疼きの後”無感覚”状態になったら即刻止めます。(凍傷予防には、ここで止めるめるのが肝心)

炎症がまだ肩に続くようなら、2時間以上の間隔をおいてからき1日3回までのアイシング

スポーツ選手にとってアイシングとは非常に重要なことなんですね。マー君もダルビッシュもアメフト選手みたいになってますが、ちゃんと理にかなったことがなされていることだったんですね。

疲労回復のためのアイシング(豆知識)

疲労回復の目的でアイシングを施す場合は、張りの出ている部位の深部まで冷えたらそれでやめ、すぐに風呂に入るのがいい

さらに、風呂で温冷交代浴(シャワーを使って水→湯→水→湯→…→水の順にそれぞれ1~2分ずつ、合計水6回・湯5回程度、疲労が蓄積している部位にかける)

疲労回復の促進がはかれるそうです。

張りが強く、若干の痛みを伴う場合は、入浴後、市販のマッサージローションやジェル(バイオフリーズなど)、消炎剤(アイスラブクールやバンテリンなど)を塗擦すれば、さらに効果的

1





yamatanoさん

来月の目標はいつ立てればいいのでしょうか・・・今でしょ!は遅いのかもしれない

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう