1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

知ってた?新しい伝統行事「2分の1成人式」がとても気になる!

成人の半分の年齢、10歳を迎えたことを記念する行事「2分の1成人式」。近年は多くの地域・小学校で行われるようになっています。

更新日: 2015年01月13日

kus0masaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
106 お気に入り 286261 view
お気に入り追加

「2分の1」成人式、って知っていましたか?

今日は息子の2分の1成人式。 私たちの時はそんなのなかったけどなぁ…( -_・)?*楽しみにいってきます♪

2分の1成人式とは、20才(はたち)の半分の「10才」で行う式典です。

保護者の子ども時代にはあまり行われなかったイベントかもしれませんが、近年は多くの地域・学校で行われるようになっています。

2分の1成人式について、文部科学省は「国は関与しておらず、実態を把握していない」というが、2008年の愛知県による調査では、県内の市町村の半数で実施していた。

全国の中でも二分の一成人式が盛んな東京都。都内の小学校では10年前からこうした式をする学校が出始め、現在は全1331校の半数以上で実施しているという。

広がるきっかけは、2002~2004年度に発行された小学4年の一部の国語の教科書に「二分の一成人式」が取り上げられたことだそうです。

どんなことをやるのでしょう?

子どもによる個別発表、保護者によるメッセージや手紙の贈りもの、合唱披露などを行なわれることが多いです。

当日行った漢字テストの答案、10歳までの写真2~3枚、未来の自分への手紙をタイムカプセルに入れ、校庭に埋めました。10年後、成人式の日に、開けるそうです

主に合唱や群読、将来の夢の発表、親子で手紙の交換などをします。また自分史づくりや保護者からの歌<アンサーソング>などもあります。

当初はクラス別に国語の授業の中で行われたが、次第に総合な学習や学級会など特別活動の時間を活用するようになり、学年行事に発展したケースが多いようです。

いつ頃からどこで始まったの?

全国の小学校4年でよく行われるようになった「2分の1成人式」の発祥の地は我が西宮市です。約30年前に先輩の佐藤先生が始めました)

娘の二分の一成人式でした。ここ西宮が、発祥の地らしいです。

子どもたちにとっては思い出深い式典です

私は二分の一成人式をやってよかったなあと思いました。そのわけは、お母さんの大切さや家族の大切さがわかったり、今までいろんなことをしてくれたことのありがたさがわかったからです。だから、私はこれから家族にできること、役に立てることなどをやっていきたいと思います。

ぼくは二分の一成人式を通して、お母さんが僕のことを一生懸命育ててくれたんだなと思いました。ずっと育ててくれて、ありがとうと思いました。感謝状を渡したとき、お母さんは「育ってくれてありがとう」と言ってくれました。泣きそうになりました。夕食の時、お母さんは二分の一成人式を祝ってくれました。おまけにケーキもかってきてくれたので、泣きそうなくらいうれしかったです。

僕が二分の一成人式で思ったことは、お母さんが生んでくれなかったら僕は今いない。だから生んでくれたことに感謝しています。生んでくれてありがとうと思いました。これから親に感謝していきたいなあと思いました。

「十歳式」、「半成人式」と呼ばれている地域も

愛媛県八幡浜市保内町川之石の川之石小学校で、恒例の「十歳式」があり、節目の年を迎えた4年生19人が、将来の夢や家族への感謝の気持ちを保護者の前で元気よく発表した。

同校で1981年から続く伝統行事で、20歳の半分の年に行うため「2分の1成人式」とも呼んでいる。式では、児童と保護者が向かい合って座り、児童が1人ずつ現在の思いを披露した。

1 2





kus0masaさん

気になることを手短にわかりやすく伝えていきます