1. まとめトップ

女性の味方!?家事代行サービスの使い方!

日本の人口減少が問題視されることから派生して家事代行サービス業界が賑わいを見せています。ここ数年うなぎのぼりに成長を遂げている家事代行サービスとはどんなものなのかまとめました。

更新日: 2014年03月04日

0 お気に入り 2495 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

z-takafinさん

家事代行サービスどんなもの?

家事代行はいわゆる家政婦さんの仕事を小規模にしたようなもので、一般家庭の主婦が行うような家事全般を代行してもらうサービスです。
手軽な値段で利用できることから、最近では家事代行サービスは一部のお金持ちだけのものではなく、一般家庭にも浸透してきているようです。

仕事や雑用などで忙しい奥様や一人暮らしの男性などに代わり、掃除、洗濯、買物、料理、子供の送迎など、いろいろな家事を要望通りに代行してくれます。
家事代行サービスは必要な時に、必要な部分だけを代行してもらえる便利なサービスです。

使用人や家政婦を雇うにはよほどのお金持ちでないと無理なところを、

あくまでも一般的に家庭で行う家事の一部分を手軽に代行してもらえるのが家事代行サービスなのです。

ただし、業者ごとで対応しているしていないの違いあるので、
どんな理由があって、どんな目的でなんの作業を依頼するかは明確にした上で依頼しましょう。

・ベビーシッターを頼みたい

・水回りのおそうじを頼みたい

・洗濯はずっと気にしていないと行けないので取り込みだけでも頼みたい

・家の事をやっているヒマがあるなら、仕事に時間を使いたい

・妊娠している妻の負担を少しでも減らしてあげたい

様々な会社がありますが、結局は人と人

お仕事とはいえ結局は人になるので、どんな人に当たるかは来てもらうまで分かりません。
性格や相性、頼みやすさなどで様々あるので自分に合う人をいかに見つけるかが大きな鍵になってきます。
・言いたい事をいえない
・作業の効率が悪い
・何度言ってもそうじ道具の場所を覚えてもらえない
・見ていると不安になる
・気を使ってしまって、休んだ気にならない
・家政婦さんが来るからそうじしなきゃとなってしまって本末転倒
・おしゃべりを始めると止まらない

家政婦さんによっては様々な特技を持っていたりします

・調理師免許を持っており、某有名ホテルで20年働いていた
・外国人の家政婦で、ネイティブな英語の教育が出来る
・住み込み家政婦として2年の経験があり、気遣いのレベルが違う
・看護師として働いていた為、何か起きた際対応が安心
・介護の資格をもっており、年配者の方への対応が◎

家政婦紹介所とは違うの??

会社雇用or直接雇用の違い
家事代行サービスは、家事代行サービスを行なう会社と契約をします。
その会社から派遣されるスタッフが家に来て家事を行ないます。家政婦とは違って、直接的に相手と契約して雇う必要がないので、雇用に関するトラブルも少なく、トラブルが発生した場合も家事代行サービス会社が責任をもちます。サービス内容に不満を感じた時も、スタッフを変更することも可能です。

家政婦(またはお手伝い)は家政婦紹介所から紹介された家政婦と家主(雇用者)が直接、雇用の契約を結びます。同じ人に毎回来てもらえるので安心感がありますが、家政婦との関係で何かトラブルが起きた場合、家政婦紹介所がそのトラブルを解決する責任を負いません。

目的によって使い分けるのが得策かもしれませんね。

東京都内を中心に様々な業者が事業を展開

1