1. まとめトップ

大人なら知っておきたい!成年後見のおはなし

「成年後見とはなんぞや?」と思われる人がいるかも知れません。例えば認知症や、要介護の親や親戚を持つ人は「成年後見」は知らなければならないもの。「重い話だなあ」って感じるかも知れませんが「こういうのあるんだなあ」と頭に留めておくだけでも良いので、ぜひ読んでください。

更新日: 2014年03月04日

tub0sanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 1323 view
お気に入り追加

成年後見人制度とは?

成年後見人制度とは、認知症や精神障害、知的障害などが原因で日常生活を営む上で、十分な判断ができない方々をサポートするための制度です。

認知症や精神障害、知的障害などが理由で十分な判断ができない方々が、不動産や預貯金などの財産や介護施設への入居やサービスの利用の契約、

高額な買い物など、自信に不利益になってしまうようなことを十分な判断ができないまま行ってしまって取り返しがつかなくなってしまうということが

実際によくあります。

実際、このような方々を狙った悪徳商法や詐欺なども多く発生しているのが事実です。

こういったことを避け、判断能力が不十分な方々を保護、サポートするための制度が成年後見制度なのです。

こちらのサイトの説明がとてもわかりやすいので、他のところも見てみてください。

成年後見人ってどんな人がいるの?

8割は家族や親族です。

残りは「職業後見人」と呼ばれる、司法書士や弁護士、社会福祉士など。友人や知人に任せるケースは1%と少ないです。

こうして見ると「なんだ!成年後見人制度ってすごく助かるものじゃん!」って思うかも知れません。
確かに、凄く頼りになるものなんです。

しかし制度はあるものの、未だ万全というわけではないのです。

未だ100%は安心できないという問題

制度があるとは言え、それでも心苦しくなるようなこともあるニュースがあるのも事実です。

【関連ニュース】 成年後見に関するニュースあれこれ

1





tub0sanさん

とにかく興味のもったもの。「こんなまとめあったら良いのにな―」っていうものもまとめていきたい。趣味丸出し。木の枝がどんどん増えていくように。もう春だよ春ー(´ω`)