1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

milkteajunkyさん

目黒のサンマ

目黒のさんま(めぐろのさんま)とは落語の噺の一つである。さんまという下魚(低級な魚)、これを庶民的な流儀で無造作に調理したものが美味く、丁寧に調理したものはかえって不味いという滑稽噺。落語界の中では秋の噺としてよく知られている。成立時期は不明。
3代目三遊亭金馬が得意としていた演目である。

まんじゅうこわい

まんじゅうこわいは、落語の演目の一つ。落語の中では「寿限無」や「目黒のさんま」に並ぶ有名な噺。

寿限無

開帳の雪隠

時そば

内容は蕎麦屋台で起こる滑稽話であり、数多い古典落語の中でも、一般的に広く知られた演目の一つである。一般的には「時そば」だが稀に「時蕎麦」と表記することがある。元々は上方落語の演目『時うどん』を東京に移植したものであり、この題名は江戸落語でのものである。

あたま山

頭山(あたまやま)は落語の演目の一つ。「頭山」は江戸落語での名称で、上方落語では、「さくらんぼ」の題名で演じられている。こちらは桂雀々の持ちネタのひとつでもある。

主にケチの噺の枕として使われる小噺であるが、八代目林家正蔵(林家彦六)は話を膨らませて一席噺として演じていた。

粗忽長屋

死神

『死神』(しにがみ)は古典落語の演目の一つ。ヨーロッパの死神説話を三遊亭圓朝が日本に輸入し翻案したとされている。元となった具体的な作品はグリム童話の『死神の名付け親』、またはイタリアの歌劇『クリスピーノと死神』(ルイージ・リッチとフェデリコ・リッチ兄弟の作曲)だと考えられている。

1 2