1. まとめトップ
  2. カラダ

"トースト肌症候群"、"男性不妊"…膝の上でのパソコン使用はとーっても危険!!

ついつい膝の上で使ってしまうノートパソコン。パソコンの熱で、『トースト肌症候群』という皮膚の炎症や、『男性不妊』を引き起こすことも…

更新日: 2014年03月06日

mahalo_greenさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
88 お気に入り 75858 view
お気に入り追加

◆『トースト肌症候群』とは…?

トースト肌症候群とはノートパソコンなどの熱源を、太ももに乗せて長時間作業をすることで起こる皮膚の炎症のこと。

トースト肌症候群とは、直接はヤケドしていなくても、長時間熱源にさらされることによって、皮膚に赤や茶色の発疹が出る状態のことです。

赤味がかった発疹は網目のような独特の模様を形成します。

このヤケド、症状に個人差はありますが肌が赤くなったり、黒ずんだり、肌に網の目状の模様ができてしまうことも。

◆肌が一生黒ずんだままになってしまう可能性も…

直接ヤケドはしていないけれど、皮膚の深部までダメージが進行することもあり、最悪の場合、肌の黒ずみが一生治らない可能性もあるそう……。

◆膝の上のパソコン使用は『男性不妊』の原因にも…

精巣は熱に弱い。ノートPCをひざの上に乗せて作業をしていると、PCが発する熱が下半身に伝わり、精巣の温度が上がってしまう。ノートPCをひざの上で1時間使うと、睾丸(こうがん)の温度が2.5度上昇するおそれがあるという。

ひざの上でノートパソコンを使用すると、精子の質が低下する可能性があることが、米国の研究で明らかになった。

Sheynkin氏は、「(ノートパソコンをひざ上で使用しながら)10分か15分が経過しただけで、安全だと考えられる温度を超えてしまうが、使用者はそれに気がつかない」と説明。「ノートパソコンを使用したからといってすぐに不妊になるわけではないが、頻繁に使用すれば問題が引き起こされる可能性はある」と話した。

◆膝の上でパソコンを使うのをやめたら、3か月後に妊娠?!

イギリス南岸のハンプシャー州に住む30歳の夫婦が不妊に悩み、病院で検査を受けたところ、不妊の原因は夫が使用していたノートパソコンによる熱だと言われて唖然とした。

検査の結果、彼の精子は健康的な量ではあるが、熱によるダメージを受けていることがわかった。顕微鏡の下で彼の精子のしっぽは頭の方にくるりと巻きついているのが見え、卵子に向かって早く泳げないことが判明した。

妻のローラさんによると、スコット氏は毎晩数時間膝の上にノートパソコンを置いて、仕事をしたり、Facebookをしたりして過ごしていたという。

出典irorio.jp

医師のアドバイスでパソコンを膝の上に載せずに、テーブルに置いて使用して、それまでの膝の上のパソコン使用を止めた3か月後に彼らは無事に妊娠し、授かった女の子の赤ちゃんは今はもう10か月で、元気につかまり立ちをしている。

1





mahalo_greenさん



  • 話題の動画をまとめよう