1999年から 2013年までに 8,055軒の書店が減少しています。15年間の減少平均を出すと、537件になります。

出典書店数の推移 1999年から2013年

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

増える電子書籍!それでも書店の"紙の本"に魅力を感じる4つの理由

最近、"紙の本"を読まれましたか。電子書籍の市場規模が拡大を続ける一方で、書店数は激減し苦境に立たされています。紙の本はこのまま無くなってしまうのか?いえいえそんなはずはありません!書店で買う"紙の本"には様々な魅力があふれています。今、再確認しましょう。紙の本にしかない魅力を。

このまとめを見る