1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

ひとごとじゃない!覚えておきたい「通り魔」対策

千葉県柏市の住宅街で3日深夜に発生した連続通り魔事件。本当に怖いと言う言葉しかないですよね。続発する通り魔事件、何としてでも、自分の身は自分で守らなければなりません。通り魔対策をまとめました。

更新日: 2015年10月31日

蒼雲さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
295 お気に入り 220244 view
お気に入り追加

続発する通り魔事件・・・

通り魔とは、通りすがりの家や出会った人に災害を与えて、またたく間に通りすぎるとされる魔物。
通りすがりの人に突然理由もなく危害を与えて去る者と言われています。
最近では、時間や場所を問わず、色々な場所で通り魔事件が発生し、何とも怖い世の中です。
何としてでも、自分の身は自分で守らなければなりません。

3月以降、神奈川県、愛知県、都内ほか各地で通り魔事件が続いています。いつ、あなたの街でも発生するかもしれません。

ひとごとじゃない・・・。不安に思う方もたくさんいます

通り魔って怖いね~刺されたらどうしよ~警察を呼ぶの?それとも救急車??

通り魔の被害を受けないためにはどうすればいいのだろう・・・

自分がいつも通ってる道は、安全ですか?

自分が被害に合ってしまう可能性が高いのは、やはり、自分がいつも通ってる道だと言われています。
あなたの通ってる道は、安全ですか?

もっとも被害を受けやすいのが最寄り駅から自宅までの帰宅経路です。所要時間は数分から15~20分程度が大多数

駅から家までの複数の道を把握し、人通りや明るさなどから最善の道、遠回りでも人通りのある道、外灯などで明るい道を選ぶ。

夜の暗い道、人通りが少ない場所には近づかない

近道だったとしても、できるだけ通らないのが1番ですが、どうしても通らなければならない場合は、人と離れて歩く、早足で急いで通り抜けるなど対策を取りましょう。

単独で人通りの少ない場所を歩いていると、やはり通り魔に狙われるリスクが高くなります。

危険な場所として、「駐車場」「公園」「空き地」「廃屋・空き家」「雑木林」「ひと気のなくなった建物(工場、学校など)」

人気がない時間帯に何が潜んでいるかわからないような場所は要注意

いざと言う時に逃げ込める場所を覚えておこう

異変に気付いたら、見に行くのはでなく、その場から離れましょう。
その際、逃げ込める場所を覚えておきましょう。

発生する前、または周囲で発生したら、すぐさま避難できるようにする必要があります。

異変に気付いたり、危険な場面に遭遇してしまったら、現場に近づかず、速やかにその場を離れましょう。交番や公共の施設などがあれば、逃げ込むことも一つの方法です。

逃げ込める場所として、「コンビニエンスストア」「ビデオショップ」「病院」「交番」「消防署」「防犯協力の家」「子ども110番の家」「知人の家」「遅くまで電灯がついていて、人のいる家」などの、「避難場所」もしっかりと頭にたたきこんでおきましょう。

歩いている時は、前、後、左右チェックをして!

いつ、どこで起きるか分かりませんので、常に警戒心を持ちましょう。
音楽を聞いていると、外の音を遮断してしまい、事件が起きたことに気付くのに時間がかかり、逃げ遅れるリスクを高めます。

早歩きをし、周囲の状況を敏感に察知できるような態勢をとりましょう。

常に警戒心を持っていることが大切です。イヤホンで大音量の音楽を聴きながら歩いたり、携帯電話で話しながら歩いたり、メールを打ったりしながら歩くことは避けましょう。

1 2





蒼雲さん