1. まとめトップ
  2. 雑学

松岡修造も脱帽する「世界一速いおばあちゃん」が日本にいた!

90歳にして短距離世界記録を保持する現役女子陸上選手の守田満さん。69歳で陸上競技に目覚め、次々と記録を打ち破ってきました。日々のトレーニングも欠かすことなく、次なる目標は100歳での記録更新だそうです。その元気の秘訣は?

更新日: 2014年03月06日

126 お気に入り 77821 view
お気に入り追加

・「世界一速いおばあちゃん」をご存じですか?

90歳にして陸上100m世界記録保持者、守田満さんに感服m(__)m 

今まで獲得したメダルは200個、楯は30個以上という超人的なおばあちゃん

彼女は、自分はまったく年をとっていないと思っているため、「おばあさん」と呼ばれるのを嫌がっている

・多くの記録保持者でもある

八代のボルト、守田満さん…憧れる。私も90歳で若者に混じってスポーツしたいわ。ああいうおばあちゃんになりたい!

100メートルを23.15秒で走り、200メートルを55.62秒で走るという、90歳~94歳のクラスの2つの世界記録の保持者

2003年、当時80歳の守田さんは、40.78秒という成績で200メートル走80~84歳の部の世界記録を更新

2008年には100mでそれまでの世界記録と並ぶ19秒83をたたき出した

・陸上を始めたのは69歳の時

守田満さんは陸上始めたのが69才と!90歳で世界記録とか、彼女もレジェンド!!私もスケート、細く長く頑張ろう*\(^o^)/*

40代の走者がいなかったことから、満さんが自分で走ると手を挙げたことがきっかけでした

その後、70~74歳クラス・100メートルの部で日本新記録を出すと80歳以降から次々と世界記録を打ち立てた

・日頃のトレーニングもキッチリこなす

守田満さんまじでスゲー! クッキーランなんかやっとる場合 じゃねー!!

自動車のタイヤを引きずって50メートルをダッシュ。さらに階段や坂道を駆け登る訓練で、瞬発力を高めます

走るだけではなく、階段を駆け上がったり、腕立て伏せや脚を振り上げる運動なども軽々とこなす

「なんで、そんなに脚が上がるんですか!?」と松岡修造も目を丸くしていた。

地元の陸上チームに所属して、日々小学生と一緒に練習に励んでらっしゃいます

・健康長寿の秘訣は胃袋?

守田満さんや三浦さんは、毎食タンパク質を肉や魚から摂ってるみたいだし。

昼食はうなぎ、さらに夕食には焼き肉。タンパク質をしっかりとっている

専門家によると「高齢者はタンパク質を若い人より多く取ること。それが老化予防になる」という

1 2





ますたんぐごーさん

私のつくったまとめが、世界のどこかで誰かのお役にたてれば本望です。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう