1. まとめトップ

育毛剤を使わないで髪の毛を増やす方法まとめ

育毛剤や育毛シャンプーを用いて髪の毛を増やすのはメジャーな方法ですが、それらを使わないで髪の毛を増やす方法もあります。民間療法も含めて、育毛剤を使わないで髪の毛を増やす方法をご紹介します。

更新日: 2014年03月06日

jack.netさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
167 お気に入り 787045 view
お気に入り追加

①規則正しい生活

まず基本として、規則正しい生活を送るということが基本となります。

薄毛の原因は、過度なストレスや喫煙や睡眠不足、運動不足やお酒の飲みすぎなど日常生活の中での不摂生により陥る血行不良などがある

髪の健康と生活習慣は、大きく関わっています。ですから、あなたの生活から「髪に悪い」といわれる事がらを取り除けば、髪の毛はより健やかに育つかも

睡眠の概念とは、“免疫細胞やホルモンの力により、昼に受けたダメージなどを寝ている間に修復する”こと。ですから、寝る時間が少なくなれば、当然、髪の修復も手薄になります。

②頭皮を清潔に保つ

頭皮を清潔に保つというのは基本です。

とはいっても、シャンプーで一日2回も洗うのは逆効果になります。

抜け毛が進むと、皮脂や汚れが溜まりやすくなります。ですので、元のように生えてくるスペースを確保するためにも、頭皮は常に清潔に保たなければなりません。

帽子やヘルメットを長時間かぶっていると、どうしても通気が悪くなります。そしてかいた汗が頭皮で蒸れて、清潔感が保てなくなり、結果的に薄毛の原因になる

まず頭皮を清潔に保つ事ですよ。毎日丁寧にシャンプーしてあげる事、リンスやトリートメント剤は毛先にのみつけ、頭皮につかないようにする事

③タンパク質やトウガラシを利用する

食事はバランスよく!というのが基本となりますが、ある特定の食材には育毛を促進させるという効果があることが分かっています。

育毛に必須な栄養素、たんぱく質、ビタミン、ミネラルを取り入れましょう。ノコギリヤシ、イチョウ葉エキス等の育毛に効果のあるといわれるハーブのサプリメントを摂り入れる事も有効だと思われます。

豆腐とトウガラシを食べることで頭皮にIGF-Iという物質が増え、毛母細胞が刺激されて抜け毛・薄毛が止まる

1日に豆腐半丁&一味か七味トウガラシを小さじ2杯分食べる」というもの。毎日冷奴では飽きてしまうので、厚揚げ、豆板醤、おから、納豆、キムチなどなど、いろいろ妻にアレンジする

④頭皮マッサージ

頭皮マッサージを毎日行い、常に頭皮への血流を健全な状態としておくということが大事です。

1日も欠かさずシャンプー後にマッサージをしています。指先で頭皮をなでて、もんで、たたいて。本当に欠かす事なくやっていたら、増えたかどうかはわかりませんが、太くしっかりした髪になった

頭皮マッサージには、「揉む」「さする」「叩く」「押す」の動作があります。よく使うのは「揉む」と「押す」です。血行を良くするために基本は優しくしてください。

髪を伸ばすためには、とにかく血行を良くすることが最重要です。「シャンプーの時に指の腹で下から上にジグザグにマッサージするように洗うと良い。」

⑤常に風通しがいい状態に

常に風通しがいい状態として、蒸しぶろ状態にならないように気を付けます。

頭を蒸らし過ぎないこと。お仕事の関係でヘルメットをかぶっている人や、帽子が大好きで自分のトレードマークとなっている人は、ケアを充分に。

休憩時間には努めて脱ぐとか、窮屈なサイズのものを選ばない(小さいと、締め付けて血行が悪くなります)とか

帽子やヘルメットで外界と遮られた頭皮周辺の温度と湿度の上昇が抜け毛の原因となります。

⑥熟睡する

寝る子は育つといいますが、髪の毛もしっかり眠ると増えるようです。

髪の毛の成長も睡眠の質の低下によって大いに影響を受けます。髪の毛の成長などの元となる成長ホルモンの分泌は夜の睡眠時に多くなります。

仕事が多忙であったり夜更かしが好きなひとたちは夜食を好んでとります。それは太りやすい身体を作るとともに、睡眠の質の低下を招き、薄毛の進行につながります。

質の悪い睡眠を続けることは、髪の成長を阻害することにつながります。昔から寝る子は育つと言いますが、髪も同じです。薄毛を気にするなら、睡眠を見直すことが最低限必要です。

1 2





jack.netさん