1. まとめトップ

なぜ【ギャル曽根】さんは痩せていられるのか?

不思議だと思いませんか、あんなに食べてどうして細いのか・・・。こっちおは痩せない痩せないとダイエットに励んでいるのに。気になったのと、うらやましいので調べてまとめました。

更新日: 2018年07月24日

8 お気に入り 532165 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

onochaさん

▼大食いなのに痩せる不思議なギャル曽根さん

何皿でも美味しそうに、美味しそうに
苦しい表情せずに、嬉しそうに食べ続ける

ギャル曽根ちゃんの遺伝子を調べると、予想に反して「太りやすい」体質!

うそぉ~まじかい!!

▼ギャル曾根さん細くて羨ましい

細い!なぜだ!うらやましぞぉ〜

ギャル曽根とかもそうだけどあの細い体であの食いっぷり、胃袋どうなってんだろうなw

こんなの完食するのになんでや!

大食いでも食べ方汚いと食欲わかないなぁ・・・・。やっぱギャル曾根ちゃんが一番おいしそうに食べる。

ギャル曽根は4,5回も噛まないで呑んでるね

むっちゃかんでるのに太っている私。プンプン。

でもほっそいなぁ。ギャル曽根もあれだけ食べて細いって食べたものどこに行ってるの…?

ギャル曽根どこが太いのどこがムチムチなの。めちゃくちゃ細いじゃん!ムカつく!w

▼病気なのか?

むっちゃ食べてるのにぃ。うらやましぃ

消化器系統の障害のようです

体に食べ物が入ると、胃から腸、大腸、そして体外にあっという間に流れていってしまうようです。「流れて」というのは少々大げさかもしれませんが、その表現が一番まとを得ています(笑)
胃に入った食べ物は、1時間くらいすると、半分以上が、もう腸の方にいってしまってるとか。
そんなに早く食べ物に消化器管中を移動してもらっては、栄養の消化吸収が間に合わないそう。
これは病気というか、体の構造の異常でしょうか。

※ちなみに、ギャル曽根ちゃんの場合は分かりませんが、食べても太らない人達の多くで、消化器管中にある「弁」と呼ばれ、開いたり閉じたりしながら食べ物の移動速度を調整する箇所が、ゆるくできているそうです。

ギャル曽根は摂食じゃなくて、消化器系統の病気なんだけどな…

胃や腸などの臓器に長く滞在しないので、食べても食べても、摂取した栄養が体に吸収されにくい

その証拠に彼女の血管中の糖分量を調べてみると、食後も血中の糖分が少ないまま。
普通のヒトの場合、食べれば糖分が血液中に入るので、糖分の急上昇がみれられます。
それがギャル曽根ちゃんの場合は、ほとんど見られない。ここが彼女の体の作りがかなり普通人と違うところ。
食べてもすぐに食べ物が体の外にでていくから太らない。ガリガリに痩せていられるのです。
これはやはり一種の病気かもしれませんね。

ギャル曽根ちゃんの胃袋は食前と比べ、食後は15倍に膨らむそう。これは、ギャル曽根ちゃんの胃袋の特殊な部分。

真似をしても、普通の人は
そんなに胃が大きく伸び縮みしません。

腸はビフィズス菌の天下

普通の人の何倍もビフィズス菌が住んでいる。
大食いの日は数回以上便通があるらしい。

▼この羨ましいような体質で損することはあるのか?

体に栄養が吸収されなくなる

その結果、あなたの血管に入る栄養が急減し、
特に糖の減少は、あなたの「満腹感」を奪って
しまいます。

満腹感を知ることができません

ギャル曽根ちゃんは、満腹感を感じられない
特異な体質

1 2