立腰(りつよう)とは?
立腰とは、哲学者・教育者である森信三(もりしんぞう)先生が提唱された、腰骨(こしぼね)をいつも立てて曲げないようにすることにより、自己の主体性の確立をはじめとした人間形成を実現する、極めて実践的な方法です。

出典幼児教育について|登龍館-豊かな心と言葉を育む

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

きれいな姿勢は万能薬だった!「立腰(りつよう)」の効果がすごすぎる!

「立腰(りつよう)」とは哲学者・教育者である森信三(もりしんぞう)先生が提唱された、腰骨(こしぼね)をいつも立てて曲げないようにすることです。これを常日頃から意識して実践すると、様々な効果があるといわれています。また姿勢がアトピーに与える影響もお伝えします。

このまとめを見る