都道府県別では大阪がワーストの5126件。東京の3581件、兵庫の2054件が続いた。一方、福井は0件、長崎は1件、秋田や富山など5県が2件などで、地域差が目立った。

 3年間に2回以上の摘発で命じられる講習を受けたのは24人で、男性19人、女性5人。大阪の11人が最多で、東京4人、兵庫3人など。年齢別では20代が10人、30代が6人、80代も2人。摘発内容では、ブレーキのない「ピスト自転車」による違反が目立った。危険行為の内訳は、信号無視が6457件(42・7%)、遮断機が下りた踏切への立ち入り3884件(25・7%)、携帯電話を使いながら運転して事故を起こすなどの安全運転義務違反1914件(12・6%)。

出典自転車危険運転1万5千件 全国で摘発、講習制度1年 大阪がワースト1位 - 産経ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

自動車並みの賠償と損害!甘く見ると危険な自転車事故

加害者になってしまえば高額の賠償が求められることも多い自転車事故。加害者が小学生でも関係なく、被害者に後遺障害が残った場合などには、賠償額が跳ね上がる判決も増えています。特にスピード出し過ぎなどルール違反に対しては厳しい見解を示すようです。

このまとめを見る