1. まとめトップ

狂言と歌舞伎 若手ホープの対談が実現!4代目 市川猿之助(亀治郎)×野村萬斎  ☆動画有り☆

狂言と歌舞伎こんなに違った!「三味線が入ると、どう動いていいか分からない」萬斎が言えば、猿之助は「狂言の謡はお経にしか聞こえない」。現代ドラマ出演時の爆笑秘話から、名作の舞台裏まで、縦横無尽に語り尽くす。そして「歌舞伎の未来がどうなろうが知ったこっちゃない」という衝撃発言の真意とは・・・。

更新日: 2017年12月28日

9 お気に入り 39731 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

otatomokoさん

市川家を支えた女達。ファミリーヒストリー

野村萬斎&市川猿之助が初対談―狂言と歌舞伎こんなに違った!当人たちも驚き

それでは、インタビューをおたのしみください

異なる分野で活躍する2人の“達人”が語り合う『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』。2014年3月1日(土)は、狂言界の永遠の貴公子・野村萬斎と歌舞伎界の異端の花形・四代目市川猿之助の初顔合わせがついに実現!

現代ドラマからシェイクスピア劇まで、多彩な活躍を見せる2人。猿之助は先代から受け継いだスーパー歌舞伎を進化させ、新進気鋭の劇作家や俳優・佐々木蔵之介を呼んで新たな展開を図っている。一方、萬斎はドン・キホーテを主人公に狂言の様式を取り入れた現代劇を作ろうとしている。「靴を履いて立てと言われても、どうしたらいいか分からなかった」「着物の袂がないと手のやり場に困る」という2人が、それでも新しい挑戦を続ける理由は何なのか? 「現代劇の人たちと同じ土俵に乗りたい」「新しい血を吸って狂言にフィードバックしたい」という萬斎と、「演じるより作るほうが楽しい」「歌舞伎の未来なんか知ったこっちゃない」という猿之助。2人の性格や考え方の違いが明らかに!

ややこしや〜〜!と朝の教育番組でおどりまくるといったイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが彼は正統派の狂言の跡継ぎ。しかしながら異色のプリンスで、父親の野村万作は人間国宝。
幼い頃からスパルタ教育、狂言優先で舞台のため突然に林間学校も行かせてもらえなかったそう。
萬斎サン本人はとても真面目な性格で人と違う事が嫌だったそう。そういったご自身の体験をもとにお子さんとのお稽古は事前にスケジュール調整をして(!)やるのでお子さんも発散できてとてもいいと対談で語っていました。
東京藝術大学を経て、ロンドン芸術大学に留学し古典の世界にとどまらず表現の幅を広げています。

伝統を刷新する事に共に意欲的

野村萬斎

現代バレエの決定版、モーリス・ベシャールのボレロを大胆に解釈

映画陰陽師に出演した時期のあたりで意識していますね

野村 萬斎(本名・野村武司(のむらたけし、昭和41年4月5日 - )は、狂言方和泉流の能楽師、東京都生まれ。二世野村万作と詩人阪本若葉子の長男。4人兄弟の3番目で姉・姉・本人・妹という女性に囲まれて育った。東京藝術大学音楽学部邦楽科能楽専攻卒

市川亀治郎

あの、ブルーマンと亀治郎さんまさかの共演です。ご本人曰く「できるわきゃねえだろ」とのこと
圧巻の一言

四代目 市川 猿之助 昭和50年 11月26日 - は、東京都出身の俳優、歌舞伎役者。屋号は澤瀉屋。定紋は澤瀉(おもだか)
歌舞伎名跡「市川猿之助」の当代。本名は喜熨斗 孝彦(きのし たかひこ)。
2012年6月、二代目市川亀治郎改め、四代目市川猿之助を襲名。
慶応義塾大学文学部国文学専攻卒業。京都芸術劇場「春秋座」芸術監督。

昨日の野村萬斎と市川亀治郎…じゃなかった猿之助のSWITCHインタビューおもしろいなー。しかし萬斎さんは今年でもう48になるのか…いつまでも若々しいからびっくりするなあ。

この記事を読んだ方はこんな記事を見てます⬇

1