作成サイト: db_d7dev、mysqlデータベースrootパスワード: KKGVVgwGfXm7 の場合。

■Drupal コマンドラインツール drush インストール、確認
$ sudo apt-get install drush php5-json
$ drush status

■Apache設定ファイルの確認
$ sudo vi /etc/apache2/apache2.conf
<Directory /var/www/>
AllowOverride All
</Directory>
AccessFileName .htaccess
変更した場合は、apache再起動。
$ sudo service apache2 restart

■Drupal ダウンロード
$ cd /var/www
or
$ cd /var/www/html
$ sudo drush dl drupal --drupal-project-rename=d7dev

■インストールスクリプト実行(データベースも作成されます)
・実行
$ cd d7dev
$ sudo drush si standard --db-url=mysql://dp_db_admin:dp_db_password@localhost/db_d7dev --db-su=root --db-su-pw=KKGVVgwGfXm7 --site-name="drupal7 dev site"

・実行結果
パスワードが表示されない場合、ユーザ名とパスワードはadmin/adminです。
Starting Drupal installation. This takes a few seconds ... [ok]
Installation complete. User name: admin User password: QFoNdKKSLG [ok]

・ファイル権限設定を忘れずに。
$ sudo chmod a+w sites/default/files

■確認
・動作確認例
http://host.domain.com/d7dev
ユーザ名: admin、パスワード: 上記パスワード、ここではQFoNdKKSLG

・ログ確認
$ drush watchdog-show --count=100
admin/reports

・Clean URLs有効化(「?q=」を無くす)
admin/config/search/clean-urls
「Enable clean URLs」にチェック


以上で、Drupal 構築完了です。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

Ubuntu LinuxでDrupalインストール

Drupalは、サイトビルダーのための高機能無料CMSであり、世界的に評価の高い高機能CMSです。drushの使用により、Drupal構築がコマンドひとつで完了。本まとめでは、ポピュラーで情報源の多い、Ubuntu LAMP環境におけるDrupal構築、インストール設定手順手順を紹介します。

このまとめを見る