1. まとめトップ

右と左では違う!?小指にする「ピンキーリング」の正しい意味

さりげないオシャレアイテムとして、人気の高い「ピンキーリング」。小指にはめるリングですが、右手と左手で意味が違うって知ってました?正しくつけて運気も女子力もアップ!!

更新日: 2017年01月10日

marinkorinさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
467 お気に入り 2013575 view
お気に入り追加

ピンキーリングとは

ピンキーリング(pinky ring)とは、小指につける指輪(リング)のことをいいます。
ピンキー(pinky)とは英語で小指を意味し、小指は、古くから「チャンスや秘密」の象徴として位置づけられています。

どんな意味があるの?

右手の小指と左の小指とでは意味が変わってくるといわれています。

「幸せは右手の小指から入って左手の小指から逃げる」と言われています。

右手

表現力を豊かにするといわれ、いつもより自己アピールをしたい時につけるといいと言われています。
お守りの意味を持つダイヤモンドなどの誕生石や星座石などをするのにはぴったりの指とされています。

右手は、現実の力を表す
表現力を豊かにする。お守り的に自分の誕生石や星座の石の入った指輪をつけるのに最適。

左手

左手の小指の場合は、変化とチャンスの象徴の指と言われているので、どうしても願い事をかなえたい事があったり、成功へ向けて変化を求めている場合などに、もっとも最適な指輪といえるでしょう。また、恋愛においては恋人が欲しいとか、片思いの人に愛を伝えたいとか、新しい素敵な異性との出会いを求めている場合につけるといいかもしれませんね。

自己アピールしたいときには右の小指にリングを。自己表現力を高める水色の石がおすすめ。ターコイズ(トルコ石)は、勇気とモチベーションを高め、自然な自己表現で周囲の人を惹き付けます。水色のアクアマリンは幸福、健康、富の象徴とされ、平和で穏やかな精神状態を導きます。幸せな結婚、夫婦和合の意味もあります。

男性ウケもいいみたい

指輪ならば、ピンキーリングが高人気。やはりきゃしゃで小さめのアイテムが、強い!? ピンキーリングはさりげなくおしゃれ感を演出してくれます。また、女性の指の細さも、際立たせてくれるのかもしれません。控えめネイルにピンキーリングで、女性らしさをアピールしましょう!

「実は男性はこんなジュエリーが好き!?」というアンケートの結果です。
さりげない可愛さが女性らしさを感じさせるのでしょうか。

男性もつけていい?

ピンキーリングは、ユニセックスで女性でも男性でもファッションリングとして付けている方が多く、とても人気があります。
特に、若い世代の男性たちが小指に指輪をするのが、最近雑誌などに取り上げられているのを見ます!
カップルがペアで購入するケースも増えているようですよ!

ピンキーリンク

1





marinkorinさん

のんびり興味ある事をぐりんとまとめてます。