1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

被災時の強い味方!水も火も使わないボンカレーが人命を救う

もうすぐあの3.11から3年。あのような災害は二度と起こって欲しくないと願う反面、もしものときのための準備は怠らないようにしたいですね。そんな中、ライフラインが寸断されても水も火も使わず常温で美味しく食べられるボンカレーセットが販売されます。

更新日: 2014年03月07日

75 お気に入り 26412 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

00mashimashiさん

1995年、5万人を超える死傷者を出した阪神・淡路大地震。大きな地震とそれによる火災により、多数の家屋が倒壊、火災被害に遭い、ライフラインも寸断。このとき電気は1日で復旧したが、ストップした水道が半数回復するまでに7日間、ガスは34日間も要した。

災害、 特に大地震による自然災害はいつ、なんどき、襲ってくるかわかりません

そのため非常時に備え、常日頃から食料を備蓄しておくことはとても大切なことです

災害の規模や被害の大きさ、地域性などによっても違いがありますが、ライフラインがストップした場合、一般的には復旧までに最低でも3日はかかると言われています。

そんな中、ライフライン復旧までの72時間をサポートする緊急用カレー『ボンカレー72H』が緊急時備蓄用として販売開始されます

普段からの水や食料、燃料の備蓄は重要だが…

2011年3月11日に発生した東日本大震災。この地震と津波による死傷者は1万5000人を超え、幅広い地域でライフラインが寸断された。このときストップした水道が半数回復するまでに6日間、ガスは23日間。9割以上回復したのは水道で23日、ガスで34日間も要した。

大災害が発生すると何が困るのか? 大震災が発生すると困るのが、ライフラインの供給停止です

水、電気、水道、ガスの供給網が寸断されると、生きていくうえで危険な状況が発生しかねません

そのため、災害直後は、水と火を必要とせずとも食べられるものが好まれます

ライフラインが寸断しても大丈夫!水も加熱もいらないボンカレー

大塚食品『ボンカレー72H』は加熱・水不要で、調理の必要がなく、常温でもおいしく食べられるボンカレーです

出典entabe.jp

ライフラインが復旧するまでの緊急時の約72時間をサポートする、加熱・水といった調理が不要の、常温でもおいしく食べられるボンカレー。じっくり炒めた玉葱のコクと旨味が決め手の程よい辛さの中辛タイプです。
ちなみにこの商品は地方公共団体や企業などがまとめて調達し、多数人数向けとして備蓄するための商品であることから、パッケージはいたってシンプルなものとなっています。

さらにバイオテックジャパンの『ライス72H』は、加熱・水不要で、開けてすぐに軟らかいご飯が食べられる緊急用米飯がセット

被災後72時間を乗り切ることがコンセプトの「ボンカレー72H」

大規模な災害時は、発生から水道・ガス・電気などのライフラインの復旧におよそ72時間かかると言われている

そこで両社はライフラインが復旧するまでの時間に、調理や水を必要とすることなく、食べることができる災害備蓄用食品を共同で開発

■商品名:『ライス72H+ボンカレー72Hセット』
■内容量:ライス72H:200g/ボンカレー72H:180g
■希望小売価格:オープン価格
■発売日:2014年3月11日(火)
■販売エリア:全国
■販売チャネル:公共機関、企業、その他各団体等

開発の中で一番苦心したところは、スパイスの香りを引き立て、常温でもおいしく食べられるようにしたところだという

大塚食品の喜多執行役員
「私自身、阪神淡路大震災を経験しており、緊急時の備蓄食でも常食と同じように、おいしくたべられるものが欲しいと思った」

これまでには無かった「未加熱でも美味しく食べられるお米」

防災用備蓄向けのレトルトカレーはこれまでにも同業他社から、企業向け・一般消費者向けを合わせ、複数種類が発売されている

しかし、ご飯に関して加熱や水を必要とせず、開封するだけで食べられるスタイルのものは珍しいという

これまでも備蓄用米飯は多数存在するが、お湯が必要なもの、電子レンジでの加熱が求められるものがほとんどだった。また、自衛隊の食事「ミリめし」などで良くある、加熱用の発熱剤と反応水などがセットになっているものもあるが、これではサイズが大型化してしまうため、備蓄には不便でした。

すでに大塚食品とバイオテックジャパンは、『ライス72H+ボンカレー72Hセット』を千葉県浦安市に3000食を寄贈

その後、3月11日より全国の公共機関、各団体等に向けて販売が開始されます

同類の他商品の事例を見るに、まとまった数によるセット販売スタイルを取るものと思われるため、小売店などでの一般流通では販売されない予定となっています。ちなみに価格はオープン価格です。

バイオテックジャパン江川取締役
「災害などが起きた際に食事は数少ないやすらぎの場になるということ。誰もが好きなボンカレーとセットになることで、万が一のときの食事を心安らげるものにしたいと考えた」

≪商品に関するお客様からのお問い合わせ先≫
 発売元 株式会社バイオテックジャパン
 TEL:0250-63-1555
(受付時間:月~金曜日9:00~17:00※祝日を除く)

1