1. まとめトップ

『ハバネロ』の5倍辛い!世界最強の唐辛子『キャロライナ・リーパー』

激辛唐辛子として有名な『ハバネロ』が世界一の座に君臨していたのは今から約20年前。その後、辛さ世界一をめぐる熾烈な争いが繰り広げられ、昨年11月に辛さ世界一として認定された『キャロライナ・リーパー』は『ハバネロ』の5倍も辛いということです。

更新日: 2019年08月18日

9 お気に入り 55845 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■世界最強の唐辛子『キャロライナ・リーパー』

世界一の記録を集めたギネス世界記録が認定している「世界一辛いトウガラシ」、現在その座に君臨するのは2011年に認定されたトリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラーです。

これは防護服無しには調理できないほど激辛のトウガラシ、とのことですが、なんとこのトリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラーを上回る辛さのトウガラシがアメリカで発見されました。

■『ハバネロ』の5倍辛い!

このトウガラシは、トウガラシの辛さを測る単位スコヴィル値が約300万スコヴィルに達し、トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラーのスコヴィル値146万3700を遙かに上回る数値をたたき出しています。

激辛トウガラシブームの火付け役的存在のハバネロが20年前に世界一の称号を得ていたときのスコヴィル値は、約57万スコヴィル。

Carolina Reaper(キャロライナ・リーパー)は、ハバネロの約5倍も辛いトウガラシです。

防護服なしでは調理できないほどとのことですので、想像を絶する辛さなのでしょうね。

■辛さ世界一をめぐる熾烈な争い

スナック菓子の名前にも使われたことのある「ブート・ジョロキア」が、それまで世界一だった「ハバネロ・レッドサヴィナ」を辛さで上回り、2007年に“世界王者”の座に就いていた。

だが、2011年に「トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー」という別の品種が、辛さのギネス世界記録に認定された。

乾物1グラムあたりの総カプサイシノイド量は9万マイクログラムほどという計算になる。これはジョロキアの1.5倍に及ぶ辛さだ。

ジョロキア登場のあとも、辛さをめぐる熾烈な争いは続いているのだ。

1