1. まとめトップ

ワード・エクセルファイルの互換性もばっちり

次はファイルの互換性です。ただし、細かいところまで検証したらキリがないので、最新のOffice 2013用のテンプレートを「キングソフト オフィス 2012」でどれくらい再現できるかをチェックしてみました。
(中略)
いずれも、かなり正確に再現されているのがわかります。本当に細かいところは、長時間をかけてじっくり検証しないとわからないところですが、その他の手持ちのファイルもざっと読み込んで確認したところでも、再現性はかなり高いと思います。

互換で多少の違いが出ても、それはそれで割り切って諦めればいい。それは大抵の場合、最終的にプリントしたときの見た目の問題であることが多いのだから、逆に言えば、PC 上で個人的に作業をしている間は、互換なんて気にしなくていい。

結論⇒マイクロソフトのワードやエクセルと全く違和感なく使えました。

十分マイクロソフトOfficeの代用品として使うことができます。 もはや、高価なMSOfficeを買う必要はないのではないでしょうか。

1 2





生活・節約のまとめを作って行きたいとおもいます。
ブログでも紹介しています。