1. まとめトップ

出会いをチャンスに変える”印象”術!好印象のつくりかた

もうすぐ春!新たな生活、新たな出会いも多いこの時期、第一印象って大切ですよね。出会って最初に受けた印象は、良くも悪くも変化するのに時間がかかるそうです。だったら、最初から良い印象を相手にもってもらえるようにしたい!そのためのポイントをまとめてみました。

更新日: 2014年03月19日

5 お気に入り 4606 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nkb_00さん

第一印象って大事?

私たちは名刺交換をした瞬間に、挨拶の仕方、表情、口調、声のトーン、姿勢、清潔感などをもとに、その人を瞬時に「好き」か「嫌い」かを判断している。その時間は約7秒。たった7秒の間に相手の第一印象が決まるというのだ。

「第一印象は2分で決まって、その後はもう変わらない。」

出典(『出会いをドラマに変える 2分の法則 第一印象の心理術』植木理恵著

一度つくられた第一印象は非常に修正されにくく、相手の頭の中では初対面に感じた印象をもとに、その人のイメージがどんどん作り上げられていく。

第一印象が決まる時間についてはいろいろな説が語られているようです。
しかし、最初にその人のことを認識する時間は場面によって様々ではないでしょうか?
飲み会で意中の相手の隣に座っていられる時間は30分かもしれなし
新クラスのでの自己紹介時間は1人1分と持ち時間が決められているかも。

そして第一印象は変わらない・修正されにくとのこと。

とにもかくにも、最初が勝負!
印象を制する者が、出会いをチャンスに変える!!
というところでしょうか。

じゃあ「印象」って何で決まるの?

ポジティブな印象を相手に持ってほしい!
でも、人はあなたのどんな情報から「印象」を決めているのでしょうか?

周囲に与える「印象」を構成するのも「ビジュアル(visual)」「声(vocal)」「言葉(verbal)」の3つの要素であり、それが人に伝わる割合は、「ビジュアル」が約半分。残りの3分の2は「声」、そして3分の1が「言葉」だと実感しています。

こちらの著者は「メラビアンの法則」について触れながら、自身のコーチングの経験から上記のように「印象」は構成されていると書かれています。

話し方で相手から悪い印象を感じた時のことを思い出してください。

おどおどしている、声が小さい、視線が泳いでいる、語尾が小さくなる……。
話す内容以外の部分が多く思い浮かぶことに気がつくでしょう。

今度は同様に、話し方で良い印象を感じた時のことを思い出してみましょう。

ハキハキしている、笑顔が爽やか、感じがいい、自信を感じる……。
こちらも言語以外の部分が思い浮かぶでしょう。

ビジュアルを磨くには?

ビジュアルは4つの要素から構成されています。
「姿勢(stance)」「手(hands)」「目(eyes)」「顔(face)」

ファンション、身だしなみももちろん大切です。
しかし、それ以外にも意識しないといけないことがあるんですね。

猫背だと、自分に自信がない、いいかげんという印象を与えます。

おっとりとした動きをする手、せかしなく動く手、大雑把な動きをする手・・・手も人の顔の表情と同様に、その人の性格や内面性を映し出すのです。

“仰ぎ目”といって、黒目を天井に向ける動きをすると、自信がないように相手に伝わってしまうそうです。話しているときに、唇をとがらせる癖がある人は、相手に圧迫感を与えてしまうことがあるそうです。

目線があらぬ方向をさまようことを、英語で「目がシフトする=シフティ」といいます。
「シフティ」とは「嘘をついている」「信じられない人」という意味です。
「目が泳ぐ」という日本語も似たようなニュアンスがあると聞いています。
目の動きは自然にまかせるのではなく、意識してコントロールすることが重要です。

好感度アップのポイントは「豊かな表情」です。無表情は、おとなしく暗い印象を与えてしまいます。特に第一印象の「笑顔」は大切です。

声で印象が伝わる

ビジュアル以外からも印象が伝わります。
それは声!
特にビジュアルが見えない電話口の話し方には注意しないといけないかもしれません。

高いトーンは「明るい」「元気」「楽しそう」というプラスの印象を与え、
低いトーンは「暗い」「怖い」といったマイナスの印象を与えます。

さわやかな声を出すためには、なによりも「姿勢」が第一です。
姿勢が悪いといい声が出ませんし、身体に変な力が入ることでも声は出にくくなります。

「声は人なり」といわれます。感じのよい声は人格を磨くことが大切なのでしょうが、まずは口角(口の端)を上げて話すようにすることが第一歩です。口角を上げて話すと、音声器官によい影響を与えて、その人が持っている一番明るいよい声が出ます。

「デスクワークが多い人は姿勢が悪く、声を出す頻度が少ないので、声が出づらくなります」。職場での自分の姿を見透かされた気がした。「口の回りの筋肉と舌を鍛えれば滑舌が良くなり、言葉はハキハキ、表情は生き生きとしてモテ声になるでしょう」

振り向かれる声”モテ声”を手にいれるには、トレーニングも大切!

「印象」で出会いをチャンスに変える!

習慣化してしまっている姿勢や話し方を変えるのは難しい。
でもちょっとの意識で意外と印象って変わるものですね。

この春の出会いを様々なチャンスに変えるために、少しだけ意識してみるのもいいのでは?

1 2