【2011年3月】人気大低迷脱出の兆し、そしてこてこてのアイドルソングから一変し本格的なダンスナンバーを取り入れ始める

『Sunnyday』の後に出したシングル2枚も週間オリコンランキングで12位、11位獲得するなど人気が低迷したままだったLead。しかし2008年春に発表した配信限定曲『24HRS』がデイリー3位、週間9位を記録する。尚、この楽曲は18thシングル『HURRICANE』通常盤に収録されている。これまでどちらかといえば振りが簡単でダンス歴0のファンも一緒に楽しめるようなアイドルソングが多かったものの、『24HRS』では曲の始めから終わりまで「ダンスと歌の両立」を見せるダンスナンバーとなっている。これがLeadにとって大きな転機だったといっても過言ではないだろう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

解散危機、不仲、メンバー引退を乗り越えた非ジャニーズアイドルLeadの歴史

Leadは谷内伸也、古屋敬多、鍵本輝からなるダンスボーカルユニット。2013年3月にリーダー中土居宏宜が卒業・芸能界引退してから3人グループとなり現在第2章のLeadとして活躍中。「シンクロダンス」とも呼ばれる高いダンスの揃い率が魅力。安室奈美恵やDA PUMP、三浦大知と同じ事務所に所属。

このまとめを見る