1. まとめトップ

便秘とうつには深い関係があった!今すぐ便秘解消のススメ

便秘とうつ病には密接な関係があると考えられています。便秘の人がうつ病になる、うつ病の人が便秘になる、という両方のパターンがあるようです。

更新日: 2014年03月19日

6 お気に入り 39892 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sheriママさん

◆便秘の人はうつ病になりやすい?

うつ病の主な原因は、セロトニンの不足。実はこのセロトニンは、95%は腸で作られている!!

便秘のタイプが「過敏性腸症候群」であれば、うつ病になりやすい体質と考えられます。

うつ病の人が便秘になりやすいのは、主に薬の副作用が原因のようです。

便秘は、『3日以上排便がない状態、または毎日出していても残便感が残る状態である』と定義。

□食生活の乱れ(肉食・甘い物中心の食事等)
□トイレの我慢のし過ぎ
□運動不足や睡眠不足によるストレス
□善玉菌と悪玉菌のバランスの崩れ
□便秘薬の依存
□体質(冷え症など)
□月経周期
□加齢
□病気

幸いなことに、病気である場合を除けば、食事とライフスタイルで、約9割の便秘は改善できます。

◆あなたの便秘のタイプは?

Q:肉食中心の食事、あるいは、甘いお菓子をたくさん食べるのが好きですか?

腸内の善玉菌(プロビオティクス)も不足しています。あなたの腸内では、悪玉菌が増殖して、便は黒っぽく、ニオイもきつく、タール状ではありませんか? 大腸がんのリスクが高いと言えます。

もっと意識して、食べるようにしてください!

***

発酵食品(味噌、醤油、漬物など)、ネギ類、トマト、アスパラガス、キャベツなどの野菜、ベリー類やバナナなどの果物、オートミール、玄米などの穀類、種類、豆類

Q:精神的緊張やストレスの高い環境にいますか?

「はい」と答えられた方、お腹はゴロゴロしているのに便がおりてこなかったり、コロコロ便と下痢を交互に繰り返すことが多くないですか?

一般的に食物繊維が多いと言われているゴボウやセロリ、完熟野菜などを食べると、返ってコロコロ便を悪化させてしまう可能性があります。

肝や腎によいとされるタウリンの多い魚介類や緑黄色野菜、芋類を食べることが大切です。

Q:運動はきらいですか?

「はい」と答えられた方、腹筋が弱いことや体力がないことによって、便を押し出すことができないことが原因かもしれません。

Q:冷え症、低体温ですか?

「はい」と答えられた方、上の人達と同様に、運動不足が原因であることが多いです。

◆便秘だと毒素が体中を巡る…!?

体の中がゴミだらけになって、肌の調子も絶不調。必要な栄養素が体内に吸収されないだけでなく、毒素が血液にのって全身をめぐってしまい不調のスパイラルを作り上げてしまうのです。

ホウレンソウや小松菜、モロヘイヤ、チンゲンサイなどの「“緑色が濃い”葉野菜を意識して摂る!」

『クロロフィル(葉緑素)』が、体内をクレンジングして栄養素の吸収をUP☆

◆摂るモノで便秘解消

ペパーミントは過敏性腸候症群に効果がある!

胃腸の痙攣、消化液の胆汁の分泌を促進させ、胃腸の機能を高めてくれます。うつ症状で胃腸の不調がある方は、ミントティーを飲んだり、ペパーミント精油が配合されたオイルで腹部をマッサージしてみて下さい。

◆ツボ押しで便秘解消

便秘のみならず頭痛や眼精疲労、肩こり、さらには入眠不安や精神不安などへの効果もあり、「万能のツボ」という異名まであります。

反対側の手の親指と人差し指で、はさむように指圧しましょう。

このツボは東洋医学においては心臓の経路を刺激するツボだとされ、ストレスを軽減する作用もあります。

反対側の親指で指圧するのが一般的ですが、ペンの先などを使って押しても有効です。骨に近い部分ですので、このツボはやや強めにグリグリと押しても大丈夫です。

支溝は「便秘の名穴」とも呼ばれており、あらゆる便秘に効果があるツボだとして有名です。

指圧は、1ヶ所につき3回から5回程度が適切です。力を入れ過ぎないように、やや痛いぐらいの力で、ゆっくりともみほぐしながらツボを押しましょう。

うつ病の治療にも便秘の予防にも、ストレスを解消できる方法を気長に考えることが大切です。

たかが便秘と侮っている方がいらっしゃるかもしれませんが、死に至る可能性も幾ばくかあるので、十分に気をつける必要があります。

1