1. まとめトップ

W杯決勝でも嘔吐・・・メッシの嘔吐グセが治らない、原因不明の嘔吐って!?

メッシの嘔吐グセが治らない、原因は一体何なのか?

更新日: 2015年06月04日

8 お気に入り 91546 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

StrongZeroさん

・これまでも試合中に嘔吐していた

ブラジル・ワールドカップ南米予選
アルゼンチン対ボリビア

メッシが、ハーフタイムにロッカールームで嘔吐したと報道。後半開始が数分遅れたのはメッシの回復を待っていたためと伝えている。

試合後のインタビューに応じた「予想していたとはいえ、やっぱり疲れたよ」と正直な感想を漏らすと共に、過酷な条件を説明した。

サッカー国際親善試合
アルゼンチン対ルーマニア

「いつもあることだ。クラブでも何度かあったし、何も心配することはないよ」

・閲覧注意!(動画)メッシ、吐く

今更ながら、 アルゼンチン v ルーマニア 観てる メッシまたゲロってるやん૮(ꂧ⺫ꂧ)ა

・検査などはされているのか?

「よくあることなんだ。練習中や家にいるときもね。理由はわからないが、検査は何度も受けてきた」

バルセロナのマルティーノ監督の言葉を伝え、「定期的にあることなんだ。専門家も診察してきた。試合には影響していない」

・ではいったい原因はなんなのか?

過去にこのような出来事あった

サッカー日本代表の合宿
岡田監督は内田について「試合中に嘔吐(おうと)感が出た」と説明し、主力のアクシデントに表情を曇らせた。

指を突っ込んでやっている感じ。長友さんもそういう時期があったと聞いて、その時にガムを噛んで治ったと話した。

今日、練習をして吐かなかったのでうれしい。去年の4月以来。1年間苦しんできたのに、こんなガム一つで治るなんてね

・なぜガムで治ったの?

人は疲れやさまざまな出来事でストレスに対する抵抗力が弱っていると、ストレスによる症状が出やすくなるのです。

なぜガムを噛んだらこの症状が消えたのかというと、脳内のセロトニンの働きを強め、ノルアドレナリンの過剰な働きを抑制できたため

セロトニンは、心地よいと感じている時に、働きが促進されます。ガムを噛む事で、症状への不安に意識が向かなくなった事

メッシ、ガム噛んでみたら?

1