添い乳での飲ませ方:
1.横向きに寝ます。リラックスできるよう、必要に応じて背中に枕・クッションなどをあてがうとよいでしょう。
2.赤ちゃんの肩がお母さまの肋骨近くにくるよう寝かせ、お母さまにぴったりと寄せて顔をお母さまの方へ向かせます。
3.この時、赤ちゃんの口がお母さまの胸の高さより低い位置に来るようにします。お母さまの乳頭と赤ちゃんの鼻もしくは眉間が同じ高さになるようにします。
4.赤ちゃんは乳頭を探しあててくわえてくれます。この時赤ちゃんのあごが乳房にくっつき、鼻の頭が乳房から離れ上を向き、お互いの目を見る事ができます。
5.赤ちゃんがおっぱいを含みやすいように、おっぱいの形を整えてあげた方がいい場合もあります(特に、おっぱいが大きい方、おっぱいが張っている時や、あるいは乳頭があまり突出していない場合など)。

出典授乳時の抱き方

寝ながら授乳できる・夜間も頻繁に授乳しないといけない新生児期に効果を発揮する方法です。
ただし、ウチの息子は添い乳だと浅飲みになってしまい、苦手でした(>_<)
バスタオルをひくと、赤ちゃんの横姿勢をしっかり固定できます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

母乳育児・母乳不足にもう悩まない!母乳の飲ませ方・授乳方法まとめ

さまざまな授乳方法ができると、乳腺炎などのトラブルを防ぐことが出来るそうです。画像付きのまとめです。おっぱいに悩むママの参考になれば幸いです。

このまとめを見る