1. まとめトップ

明るい色の力を借りてあなたの印象をアップさせよう

クローゼットの中が暗い色でいっぱいになっていませんか?明るい色の服は自分や周囲の人の気持ちを上向きにする効果があります。

更新日: 2014年03月17日

3 お気に入り 9170 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Hato_Aikoさん

黄色を見ると人は明るい気分になる。

オレンジは楽天的な印象をあたえ、陽気にみえる。

出典ameblo.jp

気持ちを上げていく時に着るのが、こういったピンク系の洋服なんです。

写真はエナビューティストの河村直子さん

色を上手く使うことで感情や行動をコントロールすることができます。

明るい色の服は、簡単にあなたを陽気な気分にさせます。そして、あなたの周りの人達も、あなたの明るい色を視覚的に吸収して、明るい気持ちになります。

赤色のネクタイは、「パワー(力)タイ」と呼ばれているので、アメリカ大統領などが演説するときの勝負ネクタイになっている。

明るい色の服を身につけると陽の気が強くなり、全体的な運や金運のアップだけでなく、気持ちが前向きになり笑顔が増えることでさらに陽の気が強まり、運気や金運のアップにつながります。

地味めな服ばかり着てしまう人も、お蔵入りになっている明るい色の服を見つけて着てみよう。「気分が変わり、世界が違って見えるはず。派手すぎて恥ずかしいと思っても、他人から見ると“すごくいい”と思われることも。

黒やグレーばかりの暗い色で一杯のクローゼットは、恋愛運を下げます。思い切って明るい色、白やピンクの服を増やしましょう。気持ちも明るくなります。

アースカラー、パステルカラー、黄色のような明るい色は、親しみやすい印象を与えると一般的に言われています。

もし、人に好印象を与えたい場合があるならば、明るい色彩の洋服を着て、明るい表情を浮かべているのが良いのです。心が沈んでいるような時、人は暗い色合いの服を無意識のうちに選んでしまうものです。

そのような気分の時にはあえて、明るい色をした婦人服を選びましょう。僅かでも気分が変わるに違いありません。表情も暗くならないようにすれば、自ずと気分が晴れるのではないでしょうか。

1