1. まとめトップ

秋田、福岡もだけどやっぱり「はんなり京美人」!京都に美人が多いワケ

日本三大美人の2つ「秋田」「福岡」が連日注目まとめに掲載されましたが、「やはり京都のはんなり美人が1番じゃない?」と個人的に思ったので、京都に美人女性が多いとされる理由をまとめてみました。

更新日: 2014年03月12日

hiepitaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 41482 view
お気に入り追加

日本三大美人の2つ「秋田」「福岡」が注目されました

残るは1つ!そう!京美人!

休憩なぅ! 京都は美人さんが多いですね♪ヽ(´▽`)/

和服が似合う「京美人」

今でも京都の女性は色白で切れ長の瞳に、和服が似合うというイメージが定着していますよね?

「京都の、宮廷ではかつて『美女(びんじょ)』という、美しくただ“いる”だけで良い、という官職があった」

京美人とは?

顔はやや面長で、目は涼しげな細めの切れ長。

昔は、口が小さい(化粧のしかたの影響もあるが)のが京美人の特徴だったそうです。

なぜ京都に美人が多いのか?

(1)鴨川の水が肌をモチモチにしている説

「鴨川の水で産湯を使い、磨き上げると美人になれる」とも言う。

化学的刺激の少ない軟水が、肌の健康を守り、しっとり濡れた皮膚が美容を増進するそうです。

清らかな鴨川の水のおかげかな^^顔を洗う・産湯を浸かる。地下水が綺麗な鴨川のみず。

(2)自然の豊かさと千年の都が、京おんなの心を育てた説

京都は、山紫水明の美しい街である。

地理的にも盆地で風が少なく、地質が堅いので、埃が立ちにくい。自然の風物はもちろん、雨までしっとりと優しく降ります。

しかも上品な皇族、お公家さんの往来。こんな環境が、物静かで優雅な京おんなの心を育てるにふさわしかったのだろう。

京都は芸者さんや舞妓さんなど、伝統的な美しさや歴史的背景が色濃く残っている地域ですね。

日本の伝統と美術を強く反映した美人の産地です。

その昔、京都の舞妓さんは古くなった着物のはじを切り、手に巻きつけて顔や体を洗っていたといいます。それは、絹で肌をこすることにより、不要な皮脂や古い角質をオフできるからだそうです。

(3)日当り少ない家の造りが肌を白くした説

1 2





まとめについて勉強中です。

このまとめに参加する