1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

槙ようことは?

槙 ようこ(まき ようこ、1981年7月11日)は、日本の女性漫画家。血液型はA型。日出高等学校卒業。

デビュー直前までの投稿で使っていたペンネームは香牧(かまき)ようこ。漫画家・持田あきは実妹。漫画家ひうらさとるのアシスタントを経験している。

「ラブサービス!」で第354回りぼんNEW漫画スクール佳作&第71回SB賞を受賞。

1999年、高校2年生の時に同作品でデビュー(『りぼんオリジナル』(集英社))。以降、少女漫画雑誌『りぼん』(同)とその派生誌を中心に執筆活動を展開。
2002年、『りぼん』にて『愛してるぜベイベ★★』の連載を開始。3年に渡る連載に加え、アニメ化もなされるなど大ヒットとなり、同作品は槙の代表作となった。
2007年、『りぼん』にて『山本善次朗と申します』の連載を開始。 連載から約1年後の2008年3月、体調不良を理由に連載を中断。1年近くに及ぶ活動休止の後、本編の続きは単行本での描き下ろしにて行われる旨が発表された。
2010年、講談社から創刊された『ARIA』にて、持田あきとの合作「ピカ☆イチ」の連載を開始。槙は作画担当で、持田は脚本を担当している。 同年『Cookie』(集英社)10月号にて、持田との合作『zen zen』を発表。 その後、2011年2月号から4月号まで短期連載された。なお、本作は続編も予定されているとのこと。

2012年9月号より『ロマンチカクロック』の連載をスタートさせる。
2016年8月号より『きらめきのライオンボーイ』の連載をスタートさせる。

きらめきのライオンボーイ

自分だけのヒーローを見つける最強青春ラブ♥
少女まんがが大好きな主人公・みわが出会ったのは…!?

「きらめきのライオンボーイ」の主人公は、少女マンガが大好きな女子高生・みわ。過去に起きたあるトラブルで自分の殻に閉じこもっていた彼女は、愛読している少女マンガのキャラクターに似た男子に出会う。

りぼん8月号 暑い夏の7月と共にやってきた槙ようこ先生の新連載『きらめきのライオンボーイ』早くもドキドキ! ふろくは涼しげな星空雑貨がカワイイよっ! そしてついに… 猫田の猫田の猫田のぉぉぉおおお おっ、おっ… はや、早く本誌ををを pic.twitter.com/5KSQhvyWd0

きらめきのライオンボーイか わ い い(°∀°)(°∀°)!!!

槙先生の新連載、きらめきのライオンボーイが素敵すぎた…!鎌倉設定は最近鎌倉行ったのもあって凄くみじかにかんじてまた良い…♡背景の感じもロマンチカとまた違って、新作の度にいろいろ試す槙先生の書き方に感服しまっす!!

ロマンチカ クロック

あらすじ

美人で人気者で元気いっぱいな杏花音と、頭が良くて動物好きでクールな蒼は双子の兄妹。同じ時に生まれ、同じ時間を過ごしてきたのに、すれ違ってばかり。そんな2人の止まっていた時間が、ようやく動き出して…!?

ロマンチカクロック6、7巻買ってきた!!!!もうほんと蒼くんかっこいい(´;ω;`)蒼くんとかりんのコンビ好きすぎる(〃ω〃) はぁー可愛いー…寿命延びた気がするー

槙ようこ先生作品の中でもロマンチカクロックは特別ほのぼのとした?というか軽い気持ちで見たけど今回本当に色々ありすぎて泣いた……もっといろんな人に読んでもらいたいなあって純粋に思う作品!

あーーー!!!蒼と慎ちゃんイケメンすぎるんですけどーーーーー!!!!!もうロマンチカクロック大大大好き!!槙先生も本当に尊敬してます…

2015年、りぼん12月号で連載終了。

りぼん12月号発売されました ロマンチカクロックの連載は最終回です。 メモリアルファンブック✨かわいく作っていただいたのでぜひ見ていただきたいです☺️ここまで読んでいただいたこと感謝しています。本当にありがとうございました! pic.twitter.com/ucddwf8WId

テレビ東京系番組「おはスタ」内で全三回でアニメ化

槙ようこ先生の漫画「ロマンチカ クロック」のアニメ化が決定!テレビ東京系番組「おはスタ」内で放送されます。

愛してるぜベイベ★★

「りぼん」(集英社)で2002年4月号から2005年1月号まで連載されていた。また、2004年4月にはアニメ化された。

あらすじ

いじめ・虐待・親子確執・親の蒸発などといった、家庭・社会問題を題材にした作品。そこに恋愛が入り混じったホーム&ラブドラマで、主に心とゆずゆにある苦悩を結平が解決していく。

1 2 3