1. まとめトップ

魚の住まない十和田湖

十和田湖は青森県と秋田県にまたがった、湖面標高400m、最大深度327m、透明度25m、周囲44kmの二重カルデラ湖です。十和田湖の四季は、それぞれに変化に富んでいて魅力的です。9月下旬から11月上旬にかけての紅葉の美しさはいうまでもありません。

■地図⇒ http://yahoo.jp/Qblrqs

画像:青森のうまいものたち

915年、日本の歴史上最大規模の噴火を起こした十和田湖は魚が住まない湖でした。科学的な解釈を知らない当時の人々は、十和田湖に祭られている青龍権現が、魚を忌み嫌うから、魚がいないと信じていました。

十和田湖のヒメマス放流の歴史

魚が住まない十和田湖に養魚事業を定着させ、その後、十和田湖の観光開発に自らの人生をかけた和井内貞行。真珠の御木本幸吉とハマチの野綱和三郎と並ぶ、『近代日本の養殖家三偉人』の一人です。 (うまいもんドットコムより)

画像:秋田県

明治35年(1902年)、十和田湖の水質や周囲の様子が阿寒湖、支笏湖に似ていることから、阿寒湖産のカパチェッポ(ひめますの原名・アイヌ語)が適するのではないかと考え、青森県が取り寄せた支笏湖産のひめますの卵3万粒をふ化させ、翌36年(1903年)、湖水に放流しました。

画像:うまいもんドットコム

1950年には放流の苦労を映画化

沈黙の湖に綴る感動無限の大ドラマ
慟哭!感涙!吹雪と死の湖に生涯をかけて綴る夫婦愛の迫力!

画像:角川映画

仕掛けやポイント

ベニザケの湖沼残留型で、主にプランクトンなどを食べている魚。ベニザケは味がよいが、このヒメマスも美味。ほんのり桜色になった身は絶品である。サビキ釣りが手軽だが、レイクトロウリング、通称ヒメトロでもねらう人が多い。湖によって禁漁期間が設けられているので、確認が必要だ。ほとんどが20~30cmだが、稀に50cmを超すものもいる。

画像:Honda釣り倶楽部

釣り具店

遊覧船などの観光情報

十和田湖へのバスでのアクセス

1





sugimohayakazeさん