1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

さぁ出会いの季節だ!これから出会う前に人に好かれる話し方を覚えておこう!

人に好かれる話し方にはちょっとしたコツがあります!そのコツを出会う前に予習しておきましょう

更新日: 2015年10月28日

750 お気に入り 90286 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bc.pikoさん

人に好かれる話し方って結構難しい・・・

美容師さんが気を使って話しかけてくれるけど会話苦手すぎて、なんかもう申し訳ない…

今でも慣れない相手と会話をするのは苦手です。職柄的にも、常に警戒を怠ってはいけないものでして…つい、好意的に接してくる相手にも強く警戒してしまうんです

人に好かれる話し方とは?

人の第一印象は、話の中身が30%、残りの70%が非言語コミュニケーション(ボディランゲージやその人の見た目など)で決まると言われていますが、中でも声のトーンや声色は話の内容とは別に、コミュニケーション上、極めて重要と言えます。

私たちは名刺交換をした瞬間に、挨拶の仕方、表情、口調、声のトーン、姿勢、清潔感などをもとに、その人を瞬時に「好き」か「嫌い」かを判断している。その時間は約7秒。たった7秒の間に相手の第一印象が決まるというのだ。

①話し方とは関係ないが『笑顔』を心がける

あなたが笑顔だと人に好印象を与えられます。
あなたの良さが伝わり、人に好かれるようになっていきます。

恐らく、いつも笑顔な人の方がいつもムスっとしている人よりも、周囲の人から気軽に声を掛けられるような存在であることがほとんでしょう。

②声のトーンを意識してみる

例えば、毎日のように接している人の「おはようございます」を一つ取ってもみても、

今日は○○さん、何だか元気なさそう・・
今日は○○さん、今日はピリピリしてそう・・・
今日は○○さん、とっても機嫌よさそう・・・

と感じ方が違ったりしたことは誰にでも経験があるでしょう。

つまり、理性的に話の内容を察知するよりも、直感的に感情的に、その人の声のトーンから、その人の調子や意図を判断しがちであるということです。

大げさな言い方になるかもしれませんが、伝えたい話の内容によって、声のトーンを調整するだけで、コミュニケーション能力は目に見えて向上します。

電話は相手に顔が見えないので、低い声で話すと暗い印象を与えてしまいます。 こんな時は、あえて高い声で話してみましょう。

③共通点を探す

似ている点を無理なく見つけるには、自分のこともさりげなく明かすことだ。勤務先、これまでの旅先、いま住んでいる場所、趣味、関心をもっていることなどを伝え、自分との共通点を相手にも見つけてもらうチャンスをつくろう。

相手が関心をもっていることや経歴などがわかったうえで、共通点も見つかれば、関係を深めることができる。相手を知れば知るほど、たしかな基盤を築くことができる

④相槌(あいづち)の打ち方にも注意

好かれるために抑えておきたいうなずきのポイントは、
相手の話すスピードに合わせてうなずくこと。

「えぇ」「へぇ」「ほぉ」「あぁ」
など言葉にならない声で感情を表します。

些細な反応のように思われるかもしれませんが、
話し手にとってはこのようなあいづちがあるだけでかなり話しやすくなります。

「それで、それで?」「この後、どうなったんですか??」の、一言で、相手がどんどん、それも、気持ちよく!話をしてくれます。

この、あいづちをすると、「自分の話に興味を持ってくれているんだな」・・と、感じてもらえるので、初対面の相手とも、会話がとても盛り上がりますよ^^

▼沈黙にならない上手な相槌

「会社辞めることにしようと思うんだ」
「会社辞めることにしたの?」
「そうなの。じつはね・・・」

のようにこの「くり返すあいづち」をしておけば
相手から自然と話を引き出すことができます。

⑤話の腰を折らないようにする

1 2