1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

snikeさん

1943年6月23日生。
滋賀県甲賀市出身の美容アドバイザー。


1967年ゲランに入社。

1982年パルファン・クリスチャン・ディオールのインターナショナルトレーニングマネージャーに就任。

2003年定年退職後もエステティックサロン「サロン ドール マ・ボーテ」と佐伯式美肌塾をオープンするなど精力的に活動。

”ミネラルウォーターのコントレックスを1日に2リットルも飲用。”

”ミネラルウォーターをとり尿をたくさん排泄することによって体内にたまった塩分や毒素が一緒に外に排泄される。
目の下にクマができていたり、さえない顔色の人には、特にたくさんのミネラルウォーターを飲用する必要があります。”



”体の外側からは、ローションパックで水分補給をし、体の内部からは、ミネラルウォーターで水分補給することが重要です。”

▽やさしくポイントクレンジングでメイクを落とす

”ポイントメイク専用リムーバーをコットンや綿棒に垂らして、唇と目の周りのポイントメイクを拭き取ります。
この時に注意したいことは、強く擦って落とすのは、決してしてはいけません。
目の周りの皮膚は、大変薄いためデリケートになっているので、ポイントメイクは、少しずつゆっくりと落として下さい。”

▽手でクレンジング剤を温めてマッサージするように洗う

”ポイントメイクを落とし終えたら、この時点で80%のクレンジングを終えたも同然。”

”クレンジング剤をさくらんぼ大くらいの量を手の平に取り、両手で円を描くようにまわしながらクレンジング剤を温めます。
顔全体を温めたクレンジング剤で丁寧にやさしくマッサージをするように洗っていきます。
やさしく洗い終えたら、クレンジング剤をコットンを濡らしたものでやさしく拭き取ってから、水でおおよそ20回くらい洗い、完全にクレンジング剤を落とします。”

▽素洗いで洗いすぎない洗顔を

“クレンジングでメイクを落として、さらに洗顔料を使用して、ダブル洗顔をしている人がたくさんいますが、過剰な洗顔は、肌に必要な皮脂や保湿成分を奪い、乾燥を招いてしまいます“

”人間の皮膚には肌を雑菌から守ってくれる作用、つまり「自浄作用」があるのです。”

”ダブル洗顔はやめましょう。
汗をかなりかいた時以外は、洗顔フォームを使用して洗顔をしないそうです。
朝の洗顔も、洗顔料を使用せずに、水またはぬるま湯で素洗いをするようにすれば、美肌の佐伯チズさんに近づけます。”

▽基本的なスキンケア方法は化粧水→美容液→クリームの順に

▽化粧水をつけたら3分あけること!

”肌についた汚れやメイクを落とした後、化粧水→美容液→クリームの方法でスキケアをしていきます

”化粧水をつけたら3分待ちます。次に美容液をつけてからまた3分間隔をあけます。そしてクリームをつけてスキンケア完了。朝メイクをするときはクリームをつけたあとにUV下地をつけ、メイク前の準備完了となります。”

”化粧水や美容液が肌に浸透する前につけてしまうと、それぞれの成分が混ざりあってしまうため、完全に肌に化粧品が浸透したのを確認してからその次というのが肝心です。”

▽休日は顔に何もつけない肌断食がオススメ!

”休日は肌に何もつけずに過ごすことが重要。日頃化粧品などをつけていると過剰栄養となり、肥満状態になる肌を「肌断食」することにより、肌本来の力、自浄作用を引き出すというもの。”

”朝晩は、ぬるま湯だけの「素洗い」を実施し、テカリや乾燥がないかなど肌の状態をチェックしすることによって自分の肌には何が必要なのか感知することができます。”

1