1. まとめトップ

【判断と対策!】私って母乳足りてない…?母乳不足を見極める4つのポイントまとめ

産院では、授乳後に体重測定し、赤ちゃんの授乳量を量ることができますが、自宅に戻るとベビースケールがない限り計測できません。泣き止まない赤ちゃん・体重の増えない赤ちゃんに不安になるママに、【母乳不足か判定する方法】をまとめました。おっぱいに悩むママの参考になれば幸いです。

更新日: 2015年09月07日

41 お気に入り 61409 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shoko21さん

1日に8回以上授乳している。

3ヶ月ぐらいまでの赤ちゃんは1回の飲む量が少ないし、
飲み方もへたくそなので、休み休み飲んでいます。
その休んでいる時にママがおっぱい終わったと勘違いして離してしまうと
当然赤ちゃんは泣きます。母乳不足では有りません。

頻繁に欲しがっても、大丈夫!
小さいうちは、チョコチョコ飲みの赤ちゃんも多いそうです。
頻回授乳で、母乳量が増えると言うポイントもあります。

おしっこが1日に6~8回出ている。

母乳不足を正確に判断できるのはおしっこの回数です。おしっこの回数が少ないときは母乳不足が考えられます。とくに濃い黄色の濃縮尿は、母乳不足のサインです。

一番正確に見極められるのは、これだと言われています。
黄色の尿でなく、授乳の度にずっしりしたおむつが交換できれば、安心ですね。

機嫌が良くて肌に張りがあり、皮膚の色も良い。

赤ちゃんはたいてい、機嫌の悪くなるときがあります。大体決まった時間帯にぐずるものですし、中には一日ぐずぐずいっている子もいます。母乳不足からくる問題ではありません。他に原因がないか確認してみましょう。

体重増加が、1週間平均で140~210グラムある。

WHOは、生後1~2週間以降から生後1カ月までの1日の体重増加は18g/日以上であれば十分であるとしています。ただ数字だけにとらわれず、赤ちゃんの状態を診ておくことは大切で、活気があり、授乳回数が10~12回/日、排尿回数も7回/日以上であれば心配ないでしょう。

大きなスーパー(イオン)や、アカチャンホンポなどでは、無料で使えるベビースケールがおいてあります。
心配ならば、週に1回くらいはかってみるのも良いですね。

関連まとめ

1