1. まとめトップ

カナル型イヤホンで音質が向上するとTwitterで話題のSHURE掛けって?

SHURE掛けって?何に!知っている人は知っているカナル型イヤホンの装着の仕方でタッチノイズとか消えてめっちゃ快適になるらしい!少し詳しくまとめてみました。

更新日: 2014年08月09日

25 お気に入り 112871 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

happyjokerさん

SHURE掛けって?(シュアー掛け)

ノーマル的な使用時の問題点

カナル型のイヤホンて、コードが服に当たって擦れた時に発生する音、タッチノイズ(ガサガサ音)が気になりますよね~

そもそも、カナル型イヤホンは外部からの遮音性が高い反面、歩いたときの振動音や血管の鼓動音、コードの擦れ音など身体の音が顕著に増幅されてしまう欠点があり、最近ではコードの擦れ音対策がなされている製品もあるようです。

コードが当たる音がすごいするんです。服に当たる度に「ドスドス」って。(タッチノイズって言うらしいです)しかも、自分は電車通学なんですけど、電車を待ってる時に風が吹くと風切り音みたいなのがすごかったんです。もう本当にひどい。

そこで、目に入ってきた画像がコレ!

@PAPUWA01 うおっ‼ すげぇ‼ オーディオテクニカでコレはヤバい‼

@PAPUWA01 この聞き方、初めて知りました!右の方が音が透き通って聞こえました!これからやってみますね!

@PAPUWA01 確かに音質といい、この聴きやすさと雑音の入ってこなさではこれがいいですね、至高の音楽が聴けますよ(知ったか)

気になって調べたらSHURE掛けって言う装着らしい!

カナル型のイヤホンはコードを耳にかけるように装着するべし

SHUREなどのカナル型のイヤホンではこのような装着方法が標準になっているものは多いですが、そういう設計になっていないタイプのイヤホンであってもコードを耳にかけるように装着するとノイズが減るそうです。

名前の由来になったSHURE社製のイヤホンなどで推奨されている、
コードを耳の上側から耳の裏を這うように半周させて下に垂らす装着方式。
コードの振動をイヤホン本体に伝えないようにして、
タッチノイズを低減させることができます。

SHURE掛けの注意点

1つだけ注意点を上げておくと、もし使っているイヤホンをSHURE掛けした時に、あまりにもコードをグニャって曲げないとSHURE掛けできない場合は諦めた方が良いかもしれません。

「普通に考えてこれはないだろ。」ってレベルの話だと思います。そこまで神経質になる必要はないと思います。

メリットとして

原理としては、コードを伝ってくるこのタッチノイズを、耳にかかっているコードの部分が抑えて
振動を少なくしてくれるので、タッチの椅子がイヤホンのコードを伝って届きにくくなる、と言った感じです。
イヤホンをしながら歩いたりすると、タッチノイズって結構ありますよね。
あれがかなり少なくなるので、普段から長時間イヤホンを使用する私は重宝しています。

イヤホンが外れにくくなる

耳にコードが掛けてあるので、イヤホン自体の振動とかも減って非常に外れにくくなります。これも結構メリットだと自分は思います。
ちょっとイヤホンがどこかに引っかかった時に、耳がグン!!ってなってイヤホンが外れちゃう事がありますが、SHURE掛けをしてるとほんの少し外れにくくなります

タッチノイズを軽減できる、というのが大きいです。

街なかで見る機会ももしかしたら増えたかも??ですね。
もし街なかで『SHURE掛け』している人を見たら「イヤホンにこだわっている人だ!」って思ってもらって8割方正解ですw

このSHURE掛け。別にSHUREのイヤホンでなくても使えるんです。
カナル型イヤホンの場合、サイズが小さい物も多いため、SHURE掛けができる物も多いと思います

カナル型のイヤホンを使っている方は、タッチノイズとか消えてめっちゃ快適になりますよ。

Twitterでの反応

なるほど、これだったら、あっという間にイヤホンだろうがカナル式ヘッドホンだろうが落下する私の耳でも、なんとかなりそうかな。 RT全然音違う pic.twitter.com/x0cFs3zsvm PAPUWA01

イヤホンのSHURE掛けってやりづらいしそんな変わんねえだろって馬鹿にしてたんだけど最近まとめで話題になってたから意識して聞いてみたら全然違うし手が引っかかったりしても外れにくくてグッドだった

SHURE掛け、今でさえ言われてるけど僕は2年前からずっとしてる

SHURE掛けとか今更すぎwwwという俺知ってるぜアピールをしておく

気になった人は試してみるといいかもしれません。

1