1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

最高にワクワクする!奇妙すぎる建築 “クレイジーハウス” が夢いっぱい

ベトナムの元国家主席の娘が作った、夢のような奇妙な建築物、通称“クレイジーハウス”。日本のベトナム観光ガイドには殆ど掲載されていないという、驚きのホテルを紹介します。

更新日: 2015年02月11日

1585 お気に入り 265301 view
お気に入り追加

ベトナムにある奇妙な建築、クレイジーハウス

ベトナムのダラットにある建築物 / ホテル。奇妙すぎる外観で観光名所にもなっている。

不思議の国に迷い込んだかのような、よじれた木をモチーフにつくられた奇妙奇天烈な摩訶不思議ハウス

巨大な木の幹に無数の穴が開いたような奇妙な外観の建物です。

外見は巨木をモチーフに、各部屋は自然をテーマにしている

「熊の部屋」「鷲の部屋」「虎の部屋」など、ベトナムの自然にインスパイアされて作られた各部屋も個性的。

そのユーモアある造りで現在は観光名所の一つになっている

年間10万人が見学に訪れるほどの人気スポットなのだそうです。

▷ ファンタジーの世界に迷い込んだかのよう。

ホテルの料金はシングルで一泊US$19~(1700円~)、ツインでUS$29~(2600円~)。8000ドン(40円弱)だせば、見学だけでもできる

半分以上が宿泊できるスペースになっています。

この建物は女性建築家Đặng Việt Nga(ダンヴィエットガー)さんが設計、1989年に着工したもので、現在も建築中

彼女の父親はTrường Chinh(チュオン・チン)という政治家で、ベトナムの国家主席、共産党総書記などを務めた人物。

▷ こんな場所に迷い込んでみたい…!

2007年になってようやく建築物として当局に認可された

「景観を乱す」として一時は取り壊されそうになったことも。
着工から18年経って、やっと建築物として認可されたとのこと。

クレイジーハウスはけっこうな観光名所なんだが、日本のガイドには載っていない

日本で売られている主要なベトナムの観光ガイドには載っていません。“裏”観光名所なのでしょうか…。

みんなの感想

▷ 瓢箪(ひょうたん)の部屋。宿泊できる部屋も実に個性的です。

見学順序を表す矢印とかないので、まるで迷路に入ったみたい。
自分がどこを歩いているのかさっぱりわからん

「クマの間 どこどこ クマ・・・ うげぇ~!!蜂までくっついてる!」などと絶叫&大笑いできる楽しいホテル

▷ 表情の可愛い熊の部屋。

階段を上っているうちに屋根に辿り着いてしまったり、屋根と屋根を心細い橋で渡ったりとかなりスリルも味わえます

階段も曲線で、最上階まで上がると、ダラット市内が見渡せる絶景

ただし階段は狭く、人ひとりが通るのがやっととのこと。

ガウディがディズニーランドを設計したみたいなホテル

実際、このホテルは今も増築を続けており、完成することは無いと設計者も話しています。

世界で最も奇妙な建物のホテルと言っても過言ではない

ギャラリー

▷ 外見は“ツリーハウス”の名前どおり、奇妙な巨木のよう。

▷ 作者である女性建築家は、「とにかく奇抜なものを建ててみたい」と考えました。

▷ ラスボスが居そうな、不思議な雰囲気を醸し出しています…

▷ 青空にも実に映えます。

▷ 階段は結構急なようです。少なくともバリアフリーの概念はありません。

▷ 強烈なインパクトのある巨大な鳥&卵の部屋。

1 2





質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!



  • 話題の動画をまとめよう