日本企業の機密技術が海外企業に流出した例は、他にも問題となっている。12年3月には、工作機械大手のヤマザキマザックから設計図などの情報を不正取得したとして、愛知県警が中国籍の元社員を逮捕。同4月には新日本製鉄(現・新日鉄住金)が高機能鋼板の製造技術を流出させたとして、元社員と韓国鉄鋼大手ポスコを相手取り、1000億円の損害賠償訴訟を起こした。

出典東芝の技術流出は氷山の一角 “リストラ組”を好待遇で迎える中韓企業 (1/3ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

前へ 次へ