1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

仕事を効率化する!!「ついで」にやることをもう少し増やしてみる

人は「マルチタスク」をやると作業効率が低下しますが、「ついで」にやることはできます。「ついで」にやることで、仕事や生活を効率化できる可能性があります。

更新日: 2014年04月07日

104 お気に入り 14749 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

randoseruさん

▼ 『ついで』 にやることで、仕事・生活を効率化できる

今日は仕事のついでに水族館行きたいなーと思ってる

意識して行動すると少時間で多くの用を済ませることが出来る

作業を同時にこなしていく事が日常化してくれば、仕事の効率は大幅に上昇します。そして、心にもゆとりができ、「疲労」も少なくなる

色々なことを効率よく 「ついでに」 やることが目標達成に繋がる

やりたいことをやるには、いろいろなことを効率よく「ついでに」やることをオススメします。それが目標を達成する一つのテクニックでもある

▼ 『ついで』 にできることはたくさんある・・・

来た『ついで』に立ち寄れるように顧客の地域と時間を意識して調整する。たったこれだけの工夫で見違えるほど時間が節約できる

それと 「関連していること」 をついでに行えば効率的

部下を教育する時、色々な面から指導します。例えば商標登録の業務について教育する時、ついでに特許の業務についても教育する

▼ 仕事の種類、場所などからグルーピングを考える

同じような仕事、あるいは同じ場所に行かないといけない仕事

一つの行動や作業で沢山の目的を同時に果たすことを多目的行動という。何かするときに、ついでに出来ることは結構沢山ある

うん、ちょっとお腹空いたし仕事中にしか筋トレしてないから、つまみ買うついでにちょっと走ってくるか

「しくみ」 の導入で 『ついで』 にできるようになるかもしれない

Aという作業と、Fという作業はまったく別の時間帯に、まったく別のやり方で行っていたが、ある「しくみ」を当てはめてみると、なんとAという作業を行うついでにFという作業もできてしまう、ということ

▼ 作業を頭の中で整理しておくことが大事 ※メモ等を活用

メモしておくことで頭の中が整理され、ついでに行なうことができた作業を忘れることがなくなってくる。メモは、見える位置に置いておく

「ついで仕事」 を忘れてしまうことがないようにしましょう

あいさつ回りに行った取引先に、新しく作ったパンフレットを持っていくのを忘れた・・。といったように、ついでにできた仕事を忘れてしまう

1