1. まとめトップ

プロテインでダイエット!ソイプロテインで引き締まった体に!

ムッキムキの人だけが体重を増やすためだけに飲むと思われがちのプロテイン。ところがプロテインの種類によってはほどよいスリムな体にすることができるのです!

更新日: 2014年03月21日

neuropsyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
32 お気に入り 36981 view
お気に入り追加

プロテインは大きく分けて2種類:ホエイプロテインとソイプロテイン

ホエイプロテインとは牛乳由来のプロテイン。動物性のプロテインで、吸収が早いのが特徴です。
一方、ソイプロテインとは大豆由来のプロテイン。植物性です。

ホエイプロテインは太る!=ムキムキになりたい人用ってこと。

「ホエイプロテイン」(牛乳)
・必須アミノ酸BCAAの含有率が非常に高い
・消化吸収が早い
・摂りすぎると脂肪になりやすい

価格も安く、質、効果、飲みやすさと、最も人気の高いプロテインです。人体に必要な必須アミノ酸を全て含んでいる上、運動によって失われやすい分岐鎖アミノ酸(BCAA)が豊富なので、激しい運動や身体を大きくするためにトレーニングをしている人におすすめです。成分に乳清(ホエイ)と表示されています。

吸収がはやく、また、糖質(糖分)を含む商品が多いので、あくまでジムで筋トレをしてる人やスポーツをしている人以外は控えないと太ってしまうプロテインです。

ソイプロテインの様々な美容効果

大豆(ソイ)タンパクは、分解・吸収に比較的時間がかかりますが、その分長い時間体にとどまってくれるので、吸収の速いプロテインに比べて満腹感も得やすく、長い時間効果が続きます。
また、大豆に含まれるイソフラボン・サボニンなどの成分は、老化を防ぐ抗酸化作用や、コレステロール値低下作用、ホルモンバランスを正常に保つ働きがあるとして、タンパク質以外の部分でも健康に良い食品です。
さらに甲状腺という組織の働きを活性化させることにより、全身の細胞の代謝を高める働きがあり、食物繊維も豊富なので、ダイエット時に使用すると他のプロテインに比べて脂肪が落ちすくなるという効果があります。

・消化吸収が遅い
・飲みにくい
・基礎代謝を高める
・コレステロールを下げる

大豆に含まれるイソフラボン・サボニンなどの成分は、老化を防ぐ抗酸化作用や、コレステロール値低下作用、ホルモンバランスを正常に保つ働きがあるとして、タンパク質以外の部分でも健康によい食品として注目されています。ダイエット中の人や脂肪が気になる人におすすめです。成分に大豆たんぱくと表示されています。

満腹感があり、コレステロールをさげ、老化を防ぎ、さらにホルモンバランスを安定させより女性らしい体(男性が女性らしくなることはありません)になるという素晴らしい効果があります。もちろん、プロテインを抽出した加工品であるので、脂質や糖質は低く、まさにダイエットに最適です。スクワットや腕立てなども一緒に行うとさらに効果的でしょう。

まとめ

減量=筋肉はそのままに脂肪を落とすには最適なソイプロテイン。健康効果もありとってもいいですね。ただ、採りすぎは禁物!カロリーはあるので採りすぎたら太ってしまいます。おやつ代わり、夜食など、小腹がすいた時に砂糖たっぷり脂質たっぷりのもののかわりに採るのが一番でしょう。

参考リンク

1





neuropsyさん