1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今だからこそ知っておきたい日本人サポーターのいい話

差別的な横断幕をサポーターが掲示し、無観客試合が決定した。しかし日本のサポーターは世界的に評価が高いと言われている。こんな時だからこそ、日本人サポーターのいい話をまとめてみた。

更新日: 2014年03月15日

74 お気に入り 161949 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

西日問題さん

浦和レッズの横断幕問題

今日の試合負けた以上にもっと残念な事があった…。 浦和という看板を背負い、袖を通して一生懸命闘い、誇りをもってこのチームで闘う選手に対してこれはない。 こういう事をしているようでは、選手とサポーターが一つになれないし、結果も出ない… pic.twitter.com/Nhasgg4LjZ

この件に関し、村井満チェアマンは23日の清水戦で無観客試合を開催する処分を決定

しかし日本人サポーターは世界的に評価が高い

エピソードをいくつか紹介します

U-20女子W杯では、日本が完敗したドイツ戦後に日本人による相手国を讃える行動があり、これがFIFAの目にとまった

98年フランスW杯では熱心な応援の後で、チームのシャツと同じ青色のポリ袋にスタンドのごみを集める日本人サポーターの姿が、驚きと称賛をもって海外メディアに取り上げられた

98年フランスW杯で日本の予選敗退が決まった時、勝利に喜ぶクロアチアのサポーターに対して、日本のサポーターから「決勝リーグ進出おめでとう。クロアチアの今後の健闘を祈ります」という英語の横断幕が張られた

ユーロスポーツTV(英語版)で司会者とコメンテーターが絶賛

スタジアムの雰囲気も良い

南米は殺伐とした雰囲気で、男しかスタジアムに行けない。女性・子供が観られる幸せな環境は日本しかない

2012年、Jリーグの理念である「家族で来れるスタジアム」を体感出来る写真がネット上にアップされ話題になった

Jリーグ入れ替え戦の試合後、敗れた仙台のサポーターが勝った磐田の選手たちに拍手を送ると、磐田の選手たちは仙台サポーターの前に集まり頭を下げ、磐田のサポーターは「ベガルタ仙台」コールを送り、これに応えた

日本のサッカーはいいですね。

ギスギスしたリーグが世界にはあります。
だけど自分たちのJリーグというものは、
これでいいんじゃないかな、と思います。

誰もが来て楽しい、ファミリーで来て楽しい、
子供たちと一緒に来られるJリーグ。

もちろん一戦一戦はタフな真剣勝負だと思うし、
そういうところから世界を目指していくというのが
僕らの国のサッカーだと思いますが、
だけど、Jリーグの中で
片方が勝ち、片方が敗れるということがあったとしても、
全力を尽くして戦った後に心を通わせる光景があるスタジアムを、
いつも期待したいと思います。

今シーズンはサポーター間のトラブルも
課題としてあったと思うんですけど、
最後に僕はここのヤマハスタジアムの
幸せなサポーターと選手の交流を見られて良かったと思います。

あの人も日本人サポーターを絶賛

「日本のサポーターはマナーが良くてどこの国でも受け入れてくれるでしょう。全世界でこんな国民は始めてだよ。フランスW杯で負けたのにゴミを拾って帰ったなんて素晴らしいよ」

「日本のサポーターはサッカーの試合をあくまでもスポーツの範疇に収めてくれます。余計なものを盛り込んだりせずに、戦う相手のこともリスペクトしながら、スポーツマンシップにのっとって観戦してくれます。それで選手たちも非常に気持ちよく戦える」

サンフレッチェ広島でプレーするミキッチのコメント

「日本のファンは敵のチームにも敬意を表しています。もう一つ驚いたのは、試合が終わってもスタジアムが非常にキレイに保たれていること。ヨーロッパではファンから物を投げつけられることもあるから」

現ベルギー代表監督。2002年の日韓W杯ではベルギー代表のキャプテンとして、日本代表と対戦した

「6月4日、埼玉スタジアム。この日はオレのキャリアの中でも忘れられないものだ。美しいスタジアムに、フェアなサポーター。選手にとっては大きなプレゼントだよ。だからこそ、試合はドラマティックなものになったんだと思う」

もう一度見直したい観戦の心得

1 2