1. まとめトップ

【超簡単】キャバ嬢が語る 男性を虜にする“さしすせそ”

「男なんて簡単よ、“さしすせそ”でいいんだもん」そう語るのは、新橋のクラブで約3年間働いているという女子大生キャバ嬢。

更新日: 2018年04月29日

106 お気に入り 111984 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

男性を虜にするプロであるキャバ嬢が語る “さしすせそ” の極意

超簡単だからやってみて!!

①「さすがですね~」の「さ」

この一言で、男性は自尊心が満たされて、気分上々になっちゃいます。

特に仕事や功績、自分の若いころの話は“俺ってすごいんだぞえっへん”っていう気持ちの表れなので、褒めてあげると喜びます。

②「知らなかったです~」の「し」

こういうと、男性はうれしくなって、さらにトークに花を咲かせるはず。彼らは、見栄を張り、自慢をしたがる生き物です。そのため、「知らなかったぁ。教えてください。」という姿勢は、多くの男性から愛されます。

知っていても知らなかったと答えれば、男は気分上々になります。男って簡単ですね。

何度も言うけど、オジサンは自分を認めてもらいたいから、オジサンの知識を認めるのと同時に自分の無知なかわいさをアピールできて一石二鳥。

③「すごいですね~」の「す」

“さすが”も“すごい”も曖昧だけど、言われて嫌な言葉じゃないし、気の利いたことを言おうとして下手なこと言っちゃったらやばいから、こんな程度の褒め言葉でOK」

実際、本当に尊敬しているから言っているのかは別として「すごいですね」と言われて嫌な気持ちにはなりません。

一緒に食事に出かけた時に、出てきた料理やお店の雰囲気などが良かったときにも、「すごーい!こんなお店に連れてきてもらって幸せ」と一言添えるのもあり。

④「せっかくなので~」の「せ」

なにが“せっかく”なのか不明だが、この甘い響き、またとない特別感、そして二人の間柄の親密度までなんとなく感じさせるような言葉。

⑤「そうなんですか~」の「そ」

相手をほめる言葉につきてきたら、相槌に使ってみましょう。「そうなんですかぁ!えー、すごいすごーい」など。

相手の話を否定も肯定もしない、ただ受け流しているだけのリアクションだが、オジサンは基本的に自分の話にしか興味がないので相手の反応は関係ない。

使い方のポイント

1 2