1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

【アメリカン?】正しく知っておきたいコーヒーの違い【モカ?カプチーノ?】

おしゃれカフェに行くとメニューに多くの種類のコーヒーが…でもよく分からない!なんて経験ありませんか?そんなコーヒーの種類について違いをまとめました。≪ブレンド/アメリカン/カフェオレ/カフェラテ/カプチーノ/カフェモカ/モカ/ブルーマウンテン/キリマンジャロ/コロンビア≫

更新日: 2014年05月18日

309 お気に入り 505832 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

≪更新情報≫
・2014/4/26 "カフェオレ"や”カプチーノ”等、アレンジコーヒーの違いを追加。

▼まず、よく聞かれるブレンドとアメリカンの違いって?

ブレンド=濃い、アメリカン=薄い、といった認識が多いですよね。

"ブレンド"

様々なブレンドタイプが考えられる

「1.産地が違う」「2.産地が同じでも焙煎が違う」「3.生豆の段階ですでに豆が混在」「4.焙煎が異なる」のだいたい4種類に分けられるようです。

ブレンドに対し、単一の産地のコーヒー豆や、その豆でいれたコーヒーは、“ストレート”と呼びます。

"アメリカン"

和製英語なのでアメリカでは通じないとか。英語では”weak coffee”(薄いコーヒー)と表現するそうです。

普通のコーヒーより薄くできています

アメリカで紅茶の代用として、利用されたのが始まりだそうです。

浅煎りのためその色は薄く、苦味は弱く、また酸味は強い。

決して、ブレンドを水などで薄めているわけではないのです。

▼牛乳の入ったカプチーノ等、アレンジコーヒーの違いは?

カフェオレ、カフェラテ、カプチーノ、カフェモカ、カフェマキアートの違いは、コーヒーかエスプレッソかということと、ミルクの泡の量、シロップの有無にあります。

"カフェオレ"

一般的なコーヒーを牛乳で割ったものは、全て”カフェオレ”と呼ばれます。以下説明する"カフェラテ"や"カプチーノ"はエスプレッソを牛乳で割ったもの。牛乳の質や量で名前が変わってきます。

"カフェラテ"

エスプレッソコーヒーに温めたミルクを加えただけのもの

エスプレッソ方式とは、豆に高い圧力をかけて短時間で抽出したコーヒーのこと。
一般家庭ではドリップ方式でコーヒーを抽出することが多いですよね。

"カプチーノ"

カフェオレは通常コーヒー50:ミルク50、カフェラテはエスプレッソコーヒー20:ミルク80、カプチーノはエスプレッソ30:スチームミルク(温めたミルク)30:フォームミルク(泡立ったミルク)40だとか。

※これは一般論。店によって異なります。

"カフェモカ"

▼知っておきたいコーヒー豆の違いとは?

以下4種の豆の違いが分かれば、ほぼOK。

"モカ"

独特の強い酸味を持ち、甘みとこくが加わります。

1 2