1. まとめトップ

運用者

『日本いいね!プロジェクト』とは?

理念・目標

「個人の自由と自立」を理念とし、「みんなが生きたい人生を生きられる日本」「尊重と思いやりのある社会」の構築を目指す

基本ルール

メンバーひとりひとりが主役

『前へ』『外へ』『開く』の精神をもつ

組織として特定の政党に属さない

あくまでも『Enjoy !』

具体的な取組・行動1

ワークショップや講演会(月一回の定例会)で有識者(いいプロメンバー内含む)を招き、時事の問題を議論、仲間で共有

2014年

4月20日

「ミスター文科省」こと寺脇研氏によるゆとり教育に関する講演

個人的には、東南アジアなど、現地でいきなり模擬ビジネス体験をさせることのほうをステータスにして欲しいと思います。以下のリンクから探し出せます。

3月15日

畠山昌樹医師、『介護事業者への規制緩和の提案』

≪感想≫

我等がいいプロのホープ畠山昌樹医師
https://www.facebook.com/masaki.hatakeyama.7
により、介護業界の現状の問題点を初歩の初歩から教えていただきました。
そして介護制度の仕組そのものが内包している課題をあぶり出していただきました。
私も素人ながらにも、畠山さんがご提案された『要介護度が下がると(=症状が良くなると)ケアマネージャーが評価される仕組み』の導入が必要だと痛感しました。
現状のような要介護度が上がらないと(症状が悪化しないと)評価されない=儲からない仕組みというのは、要介護者を置き去りにしているという点で根本的におかしいと思いました。

松田馨さんを囲む

1 2 3





このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう