1. まとめトップ

アウトドアブランドをザクッと解説!!Berghaus・CHUMS・Columbia

トレッキングブランドは機能性に優れ、街中でも使用できるデザインに優れたものが多くあります。そこでこのページでは有名アウトドアブランドをA-Z順で解説をしていきます。掲載ブランド アークテリクス、ノースフェイス、ホグロフス etc...

更新日: 2014年03月27日

7 お気に入り 15619 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bik0148さん

トレッキングブランドは機能性に優れ、街中でも使用できるデザインに優れたものが多くあります。
そこでこのページでは有名アウトドアブランドをA-Z順で解説をしていきます。

【ページの構成】
①ブランド名
②公式ページへのリンク
③ブランドロゴ 解説
④ブランドの定番商品

なおページが多量になるためアルファベットごとの解説としています。各ページへはリンクよりご覧ください。

【B】

Berghaus バーグハウス

本社 イギリス
由来 「マウンテンセンター」(=店舗名:LDマウンテンセンターに由来)を文字通りドイツ語に翻訳した言葉。

「まだ誰も成し遂げていないことにアグレッシブにチャレンジし、常に先駆者として挑み続けたい」という人間の欲求こそがバーグハウスのインスピレーションの源

マルチアクティビティを本格的に楽しむユーザー向けの、着心地の良い多目的サマージャケット。軽量なAQ™2.5を採用したボディに、AQ™2.5ストレッチパネルを配置。

アウターレイヤーとしても使える為の耐久性を備えたミッドレイヤー、必要な快適さと温かさを備えたぴったりとしたフィットのストレッチするフリースです。すべての山の冒険に選ばれる理想的なジャケットは活動的な動きに必要なテクニカルな機能を備えています。

【C】

CHUMS チャムス

本社 アメリカ
由来 1983年に創立者であるマイク・タゲット氏がオリジナル・チャムス・リテイナー(メガネ用ストラップ)を発明。
CHUMSとは「仲良し、親友」という意味でたくさんの人の友達になれるバッグを作るという気持ちが詰め込まれている。
ロゴに使われている鳥はブービーバードというエクアドルから南メキシコの海岸線で活動するとても元気な鳥

楽しさ・高品質・シンプルをコンセプトに商品展開。 根っからの自然を愛するアウトドア愛好家だった彼をいつも悩ませていたのは、コロラドリバーの激流により彼の愛用するサングラスが何度も水の中に落ち、紛失してしまうこと。
そこで彼はサングラスを無くさない、落とさない方法はないものかと考え、そこで生まれたものが紐でサングラスを顔に固定するめがねストラップ。「CHUMSオリジナルリテイナー」こうしてCHUMSは生まれました。

アウトドアに限らず、カジュアルアイテムの定番として認知されている。製品名は本社があるユタ州のハリケーンがもととなっています。

チャムスのTシャツは、元気がそのままプリントされたような色使いが特徴的です。

Columbia コロンビア

本社 アメリカ
由来 アメリカでのビジネスを開始するに当たり、ラムフロムは小さな帽子問屋の権利を買い取った。当時オフィスの近くにはコロンビア川があり、社名をコロンビアハットカンパニーと命名した。

1960年、さらなるビジネス拡大のため自社での製品生産を始めた。コロンビアハットカンパニーは、スキーグローブ製造会社コロンビアマニファクチャリングカンパニーと合併し、社名をコロンビアスポーツウェアカンパニーとなった。

コロンビアの定番ハードシェルジャケット。

コロンビアはゴアテックスなどを使用せずオムニテック・オムニヒートといったPBの技術を使用することで価格を抑えています。ですので本格的な山登りではなくカジュアルに着こなしたいときには非常に重宝するかもしれません。

デザイン性が高く街履きとして持ってこいのアイテム。

NEXT

1