1. まとめトップ

デスクでの姿勢を良くするPCの位置関係まとめ

デスクワークが長時間の人は、肩こりや腰痛の方が多いと思います。私もその一人です。デスクで姿勢を良くすることで意外と盲点なのが、マウスやキーボードの配置です。その配置が悪いと姿勢が悪くなってしまいます。

更新日: 2014年03月17日

26 お気に入り 42017 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tokisamaさん

これが正しい姿勢になります。

これはダメな姿勢です。

では、良い姿勢するためのキーボードの位置です。

出典qqweb.jp

キーボードとモニタの中心点を合わせて置いてはダメです。
これではホームポジションに指を置いたときに、体全体が左側に少し寄ってしまいます。

キーボードの「G」と「H」のキーの間を中心にして置きましょう。

キーボードに対するマウスの位置です。

マウスはキーボード「テンキー」の前に置くと操作しやすく、いい姿勢を保てます。

しかし、有線の場合、キーボードに引っかかってしまうと思うので、無線タイプのレーザーマウスを使用するといいでしょう。

キーボードとマウスは体の近くに持ってきましょう。

脇が開かないように、キーボードとマウスを近くに持ってきましょう。
90°になる程度に調整しましょう。
近すぎて鋭角になるのもNGです。

これは脇が開いてしまうダメな例です。

最後に楽しい動画を見て良い姿勢と悪い姿勢を確認しましょう。

1