1. まとめトップ

神戸北野 異人館

神戸にある人気の観光スポット「北野 異人館」をまとめました。異人館街は異国情緒あふれる神戸を代表する、観光客に人気の観光スポットの一つです。狭い範囲にたくさんの異人館が建ち並び、すべてを見学するにはかなりの時間を要します。目的の異人館をいくつか決めて見学することをお薦めします。

更新日: 2016年06月07日

buhi21さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
23 お気に入り 123086 view
お気に入り追加

神戸北野 異人館

異人館は、主に明治から大正時代にかけて建てられた、欧米人が居住していた西洋館のことです。
神戸北野の異人館は、三ノ宮駅から山側へ北野坂を上ると異人館が並び建つ北野といわれるエリアにたどり着きます。
北野という地名は、まわりを異人館に囲まれた場所にある北野天満神社からきたと言われています。
異人館は、長崎や横浜、函館にもありましたが多くが失われてしまいました。神戸にある異人館街は神戸大空襲をまぬがれ、阪神大震災を耐えた貴重な異人館街といえます。

神戸の北野異人館街を代表する異人館の一つです。
美しいレンガ造りの外観と、屋根上の風見鶏が特徴的で、多くの観光ガイドの表紙を飾っています。
1904年にドイツの貿易商の住宅として建てられた歴史的建造物で、国の重要文化財に指定されています。

風見鶏の館
http://www.kobe-kazamidori.com/kazamidori/

旧シャープ住宅は、「萌黄の館」として知られる異人館で、国の重要文化財に指定されています。1903年にアメリカの総領事「ハンター・シャープ」の邸宅として建てられました。

萌黄の館
http://www.kobeijinkan.com/ijinkan_list/moegi

ラインの館は、大正4年に建てられた旧ドレウェル邸で、伝統的建造物に指定されています。
木造2階建下見板張りオイルペンキ塗りの建物となっています。
ラインの館という愛称は公募で決まった名前ですが、下見板の横線(ライン)が美しいことが名前の由来だとか。

ラインの館
http://www.kobe-kazamidori.com/rhine/

うろこの家は風見鶏の館とならび、神戸北野異人館を代表する異人館で、国の登録有形文化財にもなっています。神戸で初めて公開された異人館で、魚鱗のような外観が特徴です。

うろこの家も風見鶏の館同様、多くの観光ガイドの表紙を飾っています。

北野町の高い位置にあり、坂を上るのが一苦労ですが見学に行く価値は十分にあります。

うろこの家/うろこ美術館
http://kobe-ijinkan.net/publics/index/77/&anchor_link=page77#page77

ベンの家は、重要伝統的建造物群保存地区「北野町山本通」にある洋館です。
1902年に旧居留地に商館として建てられましたが、現在の北野町に移築されました。新しく主となったイギリス貴族「ベン・アリソン」の自邸となったため、ベンの家と呼ばれています。ベン・アリソンは狩猟家でもあり、館内には動物の剥製が多数展示されています。

ベンの家
http://kobe-ijinkan.net/publics/index/84

山手八番館は旧サンセン邸とも呼ばれる異人館です。
特徴的な3棟の塔屋が連結するチューダー様式の外観を持っています。
館内には多くの芸術品・美術品が飾られています。
中でも座って祈ると願いが叶うといわれるサターンの椅子は人気があり、多くの人がここに座って願い事をしています。

山手八番館
http://kobe-ijinkan.net/publics/index/79/&anchor_link=page79#page79

北野外国人倶楽部は明治後期築の旧フリューガ邸で、現在は神戸港開港当時の会員制の倶楽部を再現しています。

8館特選入館券を持っていると、無料ドレスサービスが特典としてついています。北野外国人倶楽部でドレスに着替えて記念撮影を楽しむ事が出来ます。

北野外国人倶楽部
http://kobe-ijinkan.net/publics/index/80

坂の上の異人館は、1940年に親日政府が南京に樹立したときに中国領事館として使われた建物です。
中国の置物や調度品など、西洋形式の異人館ばかりの中たったひとつ東洋のムードを感じる事が出来る異人館です。
古い時代の美術品は中国文化の素晴らしさを感じる事が出来ます。

坂の上の異人館(旧中国領事館)
http://www.kobeijinkan.com/ijinkan_list/china

英国館はイギリス人の医師フデセックが住んでいた異人館です。
2階はシャーロックホームズの部屋を再現していて、シャーロックホームズと英国の雰囲気をたっぷりと味わう事が出来ます。
公開時間終了後には、キング・オブ・キングスというバーが営業されています。異人館でお酒と会話を楽しめる全国でも珍しい場所です。

英国館
http://kobe-ijinkan.net/publics/index/82

洋館長屋(仏蘭西館)は、二つの洋館が左右対称に建つ少し変わった異人館です。
もともと、外国人用のアパートでした。現在はフランス関連の美術品や調度品でなどが展示されています。

洋館長屋(仏蘭西館)
http://kobe-ijinkan.net/publics/index/83

旧パナマ領事館は、明治時代後期にヒルトン邸として建設された異人館です。
戦後にパナマ領事館となりました。

館内にはトリックアートが設置されており、大人子供問わず楽しい写真を撮る事が出来ます。

旧パナマ領事館/神戸トリックアート館
http://kobe-ijinkan.net/publics/index/136

オランダ人の貿易商「チャーリー・エリオン」の邸宅です。
3~4月には2000本のチューリップが開花しとても綺麗です。

ウェディングドレスのレンタルと撮影(有料)や、女性限定ですがオランダ民族衣装を試着(無料)ができとても人気です。

本家オランダ館
http://www.kobeijinkan.com/ijinkan_list/holanda

香りの家オランダ館は、大正中期に建てられオランダ総領事邸として使用されていた建物です。
世界で1本だけのオリジナルの香水を作ったり、ヴォーレンダム地方の民族衣装を着用し記念撮影したりできます。

香りの家・オランダ館
http://www.orandakan.shop-site.jp/

プラトン装飾美術館(イタリア館)は、大正初期の建築物でアボイ氏の邸宅でした。
イタリアを中心に、18世紀から19世紀のヨーロッパの家具調度品や絵画彫刻等が展示されています。
南側にある洋式庭園では飲み物やランチを楽しむ事ができます。

プラトン装飾美術館(イタリア館)
http://www.kobeijinkan.com/ijinkan_list/platon

神戸北野美術館は、明治31年の建築で1978年までアメリカ領事館官舎として使われた異人館です。
1996年より美術館として開館しました。
現在は、「モンマルトルの丘の画家たち ~神戸北野異人館街・パリ市モンマルトル地区 友好交流展~」を行っています。

神戸北野美術館
http://www.kitano-museum.com/

パラスティン邸は、明治末期にロシアの貿易商「パラスティン」の邸宅として建てられた異人館です。
1階には喫茶室があり、食事を楽しむ事ができます。
また、ウェディング会場としても人気があります。

パラスティン邸
http://www.ijinkan.net/parastain/

シュウエケ邸は、明治29年に英国の建築家「A.N.ハンセル」の邸宅として建てられた異人館です。
現在もシュウエケ家の自邸として使われています。
館内にはシュウエケ夫妻がコレクションした絵画や浮世絵などが公開されています。

シュウエケ邸
http://www.choueke.com/japanese/

東天閣(旧ビショップ邸)は、北野に現存する最古の異人館といわれていて、明治27年(1894)に建てられたものです。
現在は老舗中華料理店『東天閣』が使用しています。
オシャレな異人館で老舗の中華を楽しむ事が出来ます。

東天閣
http://www.totenkaku.com/

ウィーン・オーストリアの家は、オーストリア大使館、通商代表部の後援で開館したテーマ館です。
ヨーロッパで最も美しい国といわれる、オーストリアの歴史文化を紹介しています。
また、偉大な音楽家であるモーツアルトの「誕生の部屋」や「創作の部屋」を再現しています。

ウィーン オーストリアの家
http://www.orandakan.shop-site.jp/austrianhouse.html

ザ・テディベアミュージアムは、大正末期にハムウェイ邸として建てられた異人館です。
世界中から収集されたテディベアを約200体展示しています。
テラスでは飲食物を持込する事ができ、のんびりとした時間をすごせます。

ザ・テディベア ミュージアム
http://www.ijinkan.net/ijinkan/teddy-bear.html

デンマーク館は、デンマーク王国大使館と通商事務所の後援で開館したテーマ館です。
アンデルセンやバイキングで有名な、デンマークの歴史文化を紹介しています。
デンマーク製のかわいらしいグッズも販売しています。

デンマーク館
http://www.orandakan.shop-site.jp/denmarkhouse.html

北野工房のまちは、旧北野小学校校舎のレトロモダンな校舎を利用した体験型観光スポットです。
神戸ブランドを体験できる場所として、神戸で有名な企業がテナントとして入っています。
クラフト体験やグルメ・フード体験だけでなく、神戸ブランドのお買い物も出来ます。

北野工房の街
http://kitanokoubou.jp/

神戸ムスリムモスクは、昭和10年に建てられた日本に現存する最古のイスラム寺院です。
イスラム教徒でなくても見学ができますが、団体だと事前に連絡が必要です。
外観はドームと4基の尖塔が美しく立派な建物です。
神戸大空襲や阪神大震災に耐えた頑丈なつくりになっています。

神戸ムスリムモスク
http://www.kobemosque.info/

北野町の風景

北野町の名前の由来となった神社です。
平清盛で有名な「福原の都」を作るときに、京都の北野天満宮を勧請して祀ったといわれる歴史があります。
祭神は菅原道真公で、受験を控えた学生たちに人気があります。

北野天満神社
http://www.kobe-kitano.net/

北野天満神社の境内から見た市街地方面の景色です。非常に見晴らしがよく、市街地から神戸港まで見渡せます。
手前に見えるのが風見鶏の館です。
三角屋根の上にある、神戸北野異人館のシンボル「風見鶏」がよく見えます。
外国人がなぜこの北野の地を居住区にしたのか、なんとなくわかる気がします。

三ノ宮駅から山側へ真っ直ぐに伸びる坂道です。
この坂道を上ると、異人館街がある北野町へと行く事ができます。
突き当りは異人館街のメインストリート北野通りがあります。
北野坂にあるスターバックスは、観光客に人気の休憩スポットになっています。

北野坂の突き当たりを東西にはしる、異人館街のメインストリートです。
たくさんの異人館が北野通り沿いに建ち並んでいます。
北野通りから山側にも、風見鶏の館やうろこの家などたくさんの異人館があります。おらんだ坂を上れば、更に高い場所から市街地を見る事ができます。

1 2





buhi21さん

旅行と料理が趣味です。皆さんに役に立つまとめを作るよう頑張ります。
よろしくお願いします。