1. まとめトップ

これであなたも接客上手。キャバ嬢さん向けおすすめ接客本5選。

キャバクラ嬢の接客について書かれた本と、その中で良いなと思ったキーワードをピックアップしました。

更新日: 2014年08月14日

go_tmkさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
175 お気に入り 90529 view
お気に入り追加

キャバクラ嬢として指名を取るためには、営業力うんぬんの前に「お店でお客様を楽しませる」ことが大前提です。
会話による接客で人を楽しませるというのは難しくてとても奥が深いものです。
しかしこれができるようになれば指名が取れるだけでなく、周りの人から愛されて、世の中も上手に渡っていくことができると思います。

【本の内容】
テクニック論よりも、キャバクラの接客で基礎となる意識・心構えが中心。

【ピックアップポイント】
口説かれても本気にしない。男性は気が多い生き物なので、他の店でも同時に他の子を口説いている。一時的に切れたとしても、どこに行こうがキャバ嬢は基本的には口説けないので、最後は一番やさしい子のところに帰ってくる。
店外を本気で断られたら冷める。お客様の夢を壊さないために嘘も必要。

【本の内容】
男心の理解も含めた男性目線の論理的な接客指南書。

【ピックアップポイント】
必要以上に自分のことを語らない。神秘性が相手の好奇心を引き出す。お客様は人の話を聞いている時よりも自分が話している時の方が体感時間が早い=楽しい。

【本の内容】
会話を組み立てる力を学べる実践書。イメージが湧く描写で分かりやすい。

【ピックアップポイント】
「話のネタをつくる」
元ネタを探す→整理する→話の方向性を決める→脚色する→フレーズを選択する

【本の内容】
業界を知らない人が読んで楽しい読み物。ところどころ「ほんとかな?」と思う部分あり。

【ピックアップポイント】
コミュニケーションに関して言えば「無難」なネタは「可」。面白い話=場が盛り上がる、というわけではない。「相手にまつわる無難な話」が良い。
「彼氏いるの?」には「彼女いるんでしょ?」で返すのが礼儀。

【本の内容】
難易度高いテクニックが中心。カウンセリングを学びたい人にも○。

【ピックアップポイント】
「男性をとりこにする3つのツボ」
・安心して格好をつけられるツボ
・気分が良くなるツボ
・追い続けたくなるツボ

キャバ嬢さんの接客に関するつぶやき

ミスドでバイトして2年になる知り合いの主婦が、レジで私の担当になるよう順番を工夫してくれるんやけど、 「ちょっとーお久しぶりやんかぁ♪」 「最近のろあちゃんどぉなのー?」 「嘘やーんすごぉい。よかったやん♡」 「また来てねっほんまに♡」 てな感じでもろキャバ嬢的接客受けてる

接客にボデータッチは必要だね。キャバ嬢の膝くっつけがいい例。

キャバクラ行った!楽しかった!可愛いおねいちゃん達はちゃんと接客してくれて携帯も聞いてくれた!プロ意識素晴らしい!でもお会計の高さにビビった!\(^q^)/

【聞き上手であれ】 聞き上手こそ、キャバ嬢に最も求められる素養。笑顔も大切ですが、適切なタイミングで相槌や細かな表情を打つスキルも重要です。

今の仕事は、自分が本当にやりたい事へのステップにしたいと思ってる。でもいつか辞めるけど、どうせ辞めるとかじゃなく、ちゃんと全力で良い仕事したい。 キャバ嬢だけど、ちゃんとお客さんに対して誰よりもありがとうって心から思って接客したい。

ちなみに私キャバ嬢馬鹿にしてないからな。高級クラブのキャバ嬢はJALのCA並に接客力あると思ってるし。方向性が違うけど、仕草とか、表情とか。うちの職場にもすごいのがいる。

体験という価値を売る 例えば、ホストやキャバクラで出てくるお酒。 お酒自体は1000円の価値しかないが、接客、雰囲気、サービスなどの体験を与えることで1000円のお酒が1万円とかになる。 これをビジネスにも活かそう!

関連まとめ

1





キャバクラやバーなど、ナイトレジャー店舗をプロデュースする会社で経営企画、人事、宣伝など何でも屋をやっています。



  • 話題の動画をまとめよう