1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

本番に強くなれる「メンタルリハーサル」って一体何!?

「明日は大事なプレゼンだー」と緊張して寝れなかったり、本番で最高のパフォーマンスが出来なくなってしまう人も少なくないと思います。そういった悩みがある人は「メンタルリハーサル」を実践して最高のパフォーマンスを発揮しましょう。時間、場所の拘束がなく誰でも実践できます。

更新日: 2014年03月20日

E_numaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5654 お気に入り 246728 view
お気に入り追加

「メンタルリハーサル」とは?

本番に備え精神状態を最良の状態にするためのイメージトレーニング。最高のパフォーマンスを行う姿をイメージし、自信を高め、意欲を喚起。

自分の取るべき行動をビジュアライズ(その時の光景と自分の体の動きを頭の中でくっきりと思いうかべること)させ、心の中で前もってリハーサル(予行演習)を行っておくこと。

映画、小説を読んだりする際、様々な場面でストーリーに引き込まれ、自分がその場面にいるような錯覚に陥る場合があるが、リハーサルは自分を意図的にそういう状態にする訓練。

換言すればいわゆる集中力のトレーニングになる。

なんで「メンタルリハーサル」は必要なの?

「想像できることはすべて現実となる」とピカソが言いました。裏を返せば、イメージの中で出来ないことは現実でもできない。

脳の優れた適応能力は、想像だにしなかった事態に遭遇しても、総合判断により、最適な対処をしてくれるのです。

メンタル・リハーサルを使って、挑戦的な状況にうまく適応するための練習をすることで本当に自信を改善する。

「メンタルリハーサル」の良いところ!

メンタル・リハーサルの長所は、練習のために多大な時間を要しないことである。一日に数分でよい。

通勤電車の中だろうと、フトンの中であろうとゴルフや水泳の練習ができるのである。

実際にはトレーニングする時間が週に5時間しかなくとも、空き時間を利用して週あたりの練習効果率を何倍にも上げることが可能。

「メンタルリハーサル」の方法は?

メンタル・リハーサルの説明で、心の中に鮮明で詳細なイメージの視覚化をするように説明されています。

「鮮明で詳細なイメージ」という点がポイントです。

メンタルトレーニングを行うときには決してネガティブな気持ちを持たないことが大切。

簡単イメージトレーニング:ああなりたいと思う人の行動や所作を、とにかく真似てみる。

これを「メンタルリハーサル」で行う!

現在、頭の中にあるマイナス思考を全て紙に書き出す。そしてマイナス要素の言葉を、プラス思考に置き換えていく。

失敗するんじゃないか。→失敗に終わったら、そこから学んで次へ役立てればいい。

陸上選手が「速く走れて、疲れず、筋肉が凄くつく」というイメージを繰り返し想像することで、実際に練習した際。

メンタルは性格の問題ではありません。

心理面は性格とはあまり関係がないことが分かっている。これらの心理面は、正しくトレーニングすることで強化する事ができる。

「私は馬鹿だから頭が良くならない。」ということはないですよね?知識が無くても勉強する事で知識をつける事ができます。メンタル面も同様です。

メンタル(こころ)のトレーニング(訓練)。トレーニング(訓練)というものは、繰り返しによって習得すべき「能力・技術」。

「メンタルリハーサル」は即効性が有るので今から始めよう!

1





E_numaさん

仕事や人生をよりよくする方法を書いていきたいと思います。
七転び二起きでがんばります!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう