1. まとめトップ

風化させない【オウム真理教】の3大事件を振り返る

3月20日に地下鉄サリン事件から19年。彼らは一体何を犯したのかわかりやすくに振り返ります。

更新日: 2014年03月19日

haraharbさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 69320 view
お気に入り追加

オウム真理教とはなんだったのか?

麻原彰晃を教祖とした宗教団体

1990年(平成2年)真理党を結成して第39回衆議院議員総選挙へ立候補

地下鉄サリン事件から多数の首謀事件が発覚

麻原は1審から不規則な行動・発言を繰り返すようになり、2審では弁護士と意志疎通ができなくなっている

今でも一連の事件の動機については明らかになっていない。

熊本県八代郡の畳職人の家庭の4男
先天性緑内障のため生来、左目がほとんど見えず、右目は視力1.0程度

現在死刑囚

宗教団体オウム真理教の教祖であり一連の事件の首謀者

オウム真理教の3大事件

1995年(平成7年)3月20日   地下鉄サリン事件

神経ガスのサリンを使用した同時多発テロ事件で、死者を含む多数の被害者を出した。警察庁による正式名称は地下鉄駅構内毒物使用多数殺人事件

今考えても恐ろしい世紀末の大犯罪でした

一般市民に対して化学兵器が使用された史上初のテロ事件

出典ameblo.jp

首都圏はパニックに陥りまさに映画を見ているよう

東京都の丸ノ内線、日比谷線で各2編成、千代田線で1編成、計5編成の地下鉄車内で、化学兵器として使用される神経ガスサリンが散布され、乗客や駅員ら13人が死亡、負傷者数は約6,300人

1994年(平成6年)6月27日   松本サリン事件

日本の長野県松本市で、猛毒のサリンが散布され、死者8人・重軽傷者660人を出した事件。戦争状態にない国で、一般市民に対して初めて化学兵器が使用されたテロ事件

この事件では当時の警察のずさんな捜査などから犯人は全く別人を容疑者としていた

当初はサリンである事もわからなかった

1989年(平成元年)11月4日   坂本堤弁護士一家殺害事件

オウム真理教の幹部6人が、オウム真理教問題に取り組んでいた弁護士、坂本堤(当時33歳)と家族の3人を殺害した事件である。遺体が容疑者によって隠匿されたため、1995年9月に遺体が発見されるまでは失踪事件として扱われていた。

当時はほとんど報道もありませんでした。

坂本はオウム真理教の反社会性を批判・追及していた。オウム真理教幹部との話し合いが決裂し、坂本はオウム真理教の宗教法人の認可取り消しなどの民事訴訟の準備に入った。

1 2





haraharbさん

大阪ネタを中心に面白いものやタメになることをまとめます。最近雑食です。グルメネタが多いですが頑張っている方を少しでも応援できたらと思っています