1. まとめトップ
  2. ガールズ

意外と知らない・・・。〝ミネラルファンデ〟って何が違うの?

最近、ファンデーションの中でも「ミネラルファンデーション」という名称のファンデーションが増えて来ていますよね。使ってみたいけれど、普通のファンデーションとどこが違うの?何が良いの?と思ったことはありませんか?ミネラルファンデーションについてをまとめてみました^^

更新日: 2014年03月19日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
314 お気に入り 202249 view
お気に入り追加

ファンデーションと肌の相性は、とても重要なポイント。

ファンデーション選びって一苦労ですよね。
思った色と違った、ファンデーションを変えた途端に肌荒れを起こしてしまった・・・そんな経験を持つ女性も多いと思います。
自分の肌に合ったファンデーションで、キレイな肌を演出したいものです。

顔の最も広い範囲に使用するとあって、含まれている成分や肌との相性はとても重要

自分の肌質に合ったファンデーションを選ぶのが美しいベースメイクを作るコツ。自分の肌に合ったファンデを選ぶことは、仕上がりの美しさだけでなくメイク崩れにも断然強くなります。

最近、よく聞く「ミネラルファンデーション」って何?

最近、ファンデーションの中でも「ミネラルファンデーション」という名称のファンデーションが増えて来ています。名前の通り、ミネラルを配合しているアメリカ生まれのファンデーションです。

ー含まれる4つのミネラルー
①酸化チタン…日焼け止め効果のあるSPF、PAを含む。優れたカバー力を発揮。
②酸化亜鉛…肌に透明感を与える。
③酸化鉄…美しい発色で肌を綺麗に見せる。
④マイカ…つや感とともに心地よい肌触りを与える。

ミネラルファンデは、天然のミネラル(鉱物)だけで作られた、 ルースパウダー状のファンデーション。

肌に刺激を与えるとされている成分を除いたところ残ったのがミネラルであり、その成分を中心にファンデーションを作ったことが始まり

ミネラルとは日本語で「無機質」という意味を持ち、水分や油分を含んでいません。これらはファンデーションの肌色を作っている「顔料」とも呼ばれる成分。

とにかく肌に優しいのが最大の特徴。

シリコーンやタルク、界面活性剤、オイルが入っておらず、 お肌にやさしいのが最大の特長です。軽いつけ心地でクレンジング剤も不要なので、 お肌への負担も最小限。

肌に刺激を与える添加物を一切含んでいないため、敏感肌の人でも安心して使えます。

刺激が少なく、肌に優しいのがミネラルファンデーション。
肌へ付けても化学的な変化を起こすことはないとされていて、安心して使用出来るのが嬉しいところ。
付けたまま眠っても良いと言われているほど、お肌には優しいそうです。

亜鉛やマイカといったミネラル成分には、抗炎症性の作用があり、肌をダメージから癒す効果があります。

忙しい朝に嬉しいオール・イン・ワン効果。日焼け止め、化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、フェイスパウダーと1つで5役をこなします

普通のファンデーションとは、何が違うの?

お肌には優しいけれど、普通のファンデーションと比べると、ややカバー力は落ちるようです。
メイクに時間をかけたくない、付け心地の軽さを求める方にはオススメです。

使ってすぐ実感できるのは、軽くて快適なつけ心地と、自然なツヤ感!素肌っぽい自然な仕上がりを求める人にはピッタリ

ミネラルファンデーションは油分を含まず、肌に優しい自然由来の成分だけでつくられています。一般的なファンデーションにありがちな、毛穴をふさいで詰まらせ、それが肌荒れの元になる、といった現象も考えにくい

ミネラルだけでつくられていますので、様々な成分を配合している一般的なファンデーションに比べればやはりカバー力がない印象を受けます。

デメリットも知っておこう!

ミネラルファンデーションは、肌に密着して落ちにくくする成分が含まれていないので、時間が経つと、ヨレやすく崩れやすいというデメリットがあります。

密着力に欠けるので物足りないと感じる人もいる

「付け心地の軽さ」「落としやすさ」に関しては、ほぼ100%に近い圧倒的な高支持率ですが、その反面、3割ほどの方が、既存のファンデに比べるとやや崩れやすい

素肌のような薄付きが売りですが、カバー力が弱いため、シミやシワといったトラブルを隠しにくい面がある

ミネラルファンデーションを選ぶ時のポイントは?

日本では「ミネラル配合率○%以上のものがミネラルファンデーション」と言った基準はありません。
成分に関しては、それぞれの製品をしっかり見極める必要があります。実際にテスターを触り、自分の好みやライフスタイルに合わせましょう。

1 2