1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

現実では不可能なことでも再現ができる『物理エンジン』が面白い!

物理のシミュレーションができる物理エンジンを知っていますか?莫大な資金を用意しなくてもその結果を計算することのできるソフトです、youtubeなどで様々な再現が行われているのでまとめてみました

更新日: 2014年03月20日

269 お気に入り 204564 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bc.pikoさん

物理エンジンとは?

物理演算エンジンを使って漢字を物理的に楽しむソフト作ろう

物理の再現シミュレーションソフト

物理演算エンジン(ぶつりえんざんエンジン、Physics engine)とは、質量・速度・摩擦・風といった、古典力学的な法則をシミュレーションするコンピュータのソフトウェア

現実の世界ではお金がかかったり、時間を多く消費しなければ実現することのできないものが、何でもリアルに再現することのできる魔法のシステム。

壁にボールを投げると戻ってくる。じゃあ壁にボールを強く投げすぎると、逆に壁が飛んでいく?

ブランコをこぐスピードを速めすぎると一回転するのか?
全て物理エンジンがやってくれます。

ゲームや映像作品に物理演算を導入すると映像のリアリティが増し、印象が強くなる。また物理法則や物体データのパラメータは計算機上で任意に設定できるため「ありえないがリアリティがある」映像を作り出す事も可能である。

youtubeには様々な物理エンジンの映像がある

最新の物理エンジンはなかなかの再現度!

高価なソフトかと思いきやフリーソフトもある!

物理演算を搭載した3DCGソフトウェアも、かつてはプロユーザーにしか手が出せなかったが、現在ではフリーのBlenderを初めとして一般人にも手が届く物がいくつも存在しているため、ゲームや映像を介して物理演算を実感するだけでなく自身で物理演算を利用した3DCGアニメーションを製作することも容易となっている。

フリーで提供されている『Blender』とは?

Blender(ブレンダー)とはオープンソースの3次元コンピュータグラフィックスソフトウェアの一つで3Dモデルの作成、レンダリングのほかアニメーション、コンポジット機能も備える。

現在、急速な勢いで機能拡張・整備が進んでおりまだまだ発展途上な部分はあるものの商用のハイエンド3Dツールと肩を並べるほどの機能群を擁する。

世界中の有志による開発が続いていて絶賛進化中のこのアプリ、何と無償!しかも高機能!Blenderでこんなハイクオリティな作品が作れてしまいます。

1