1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【未解決事件】忘れないで!マレーシア航空機370便行方不明事件≪随時更新≫

事件発生から半年以上経った今もまだ見つからないマレーシア航空機370便、先日にはマレーシア航空機墜落事件も起こりましたが、こちらの未解決事件も忘れないでいただきたいと思ってまとめを作りました。

更新日: 2015年01月29日

HTN23さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
100 お気に入り 1588830 view
お気に入り追加

3/8 事件発生

マレーシア航空は8日、北京行きの239人が乗った航空機が、同日未明から管制塔との交信を絶ったと発表した。到着予定時刻の同日午前6時半(日本時間同7時半)を過ぎても消息がつかめず、捜索を続けている

2014年3月8日、マレーシア・クアラルンプールから中国・北京に向かっていたマレーシア航空のボーイング777型旅客機が管制塔との交信を絶った。乗客227人、乗員12人の計239人が搭乗しており、そのうち160人は中国人だという

マレーシア航空の最高経営責任者によると、乗客の中に日本人はいないようです

同日 2人別人が搭乗していたことが判明

イタリアとオーストリアの外務省は8日、マレーシア航空が発表した消息不明機の搭乗名簿にあるイタリア人とオーストリア人の2人は、この1、2年の間にパスポート(旅券)を盗まれた過去があり、実際には搭乗していないことを確認した。別人がなりすまして搭乗した可能性がある。

しかしその後の調査で…

同日午後 ベトナム沖に油の帯を発見も事件とは関係無し

ベトナム政府はベトナム南部沖の海域2カ所で、油の帯が10~15キロにわたって浮かんでいるのを発見したと発表

しかし捜索の結果、油の帯の周辺に残骸の形跡はなかった。

3/9 MH370便が引き返しを試みた可能性が浮上

マレーシア航空MH370便(ボーイング777―200型機)が、消息を絶つ直前に、出発地のクアラルンプールに引き返そうとした可能性があることが9日、分かった。ただ管制への連絡はなく、当局は何らかの突発的なトラブルに見舞われた可能性があるとみて調べている。

マレーシア空軍幹部は同日の記者会見で「レーダーの記録によれば、同機が航行中に引き返そうとした可能性がある」と指摘した。通常、Uターンなどをする際は地上に連絡する。しかし、同機からは天候悪化やトラブルを知らせる連絡もなかったという

この可能性が浮上したことにより、同機の捜索範囲が拡大されました

3/11 マレーシア捜索チームは捜索範囲をさらに拡大

消息を絶った旅客機の行方を追うマレーシアの捜索チームは、調査の範囲を同国西部と陸地部分にまで拡大した。ベトナム周辺の海域の捜索では痕跡が発見できなかった。

239人を乗せて消息を絶った同便の捜索には9カ国以上が加わっている。当初マレーシアとベトナムの間のタイ湾を中心に行われた捜索はその後東西に拡大され、東は南シナ海にも及んだ。

3/11 副操縦士が過去に服務違反をしていたことが発覚

マレーシア航空MH370便の副操縦士が、過去に服務違反行為をしていたことが発覚した」と報道。オーストラリア人女性2人が以前、旅行でタイを訪れた際、飛行中に操縦室に招かれ、ファリク・アブドル・ハミド副操縦士と別の操縦士は飛行中に喫煙していたほか、女性2人と写真撮影も行ったという

証拠の写真まで出てきました

3/11 マレーシアの祈祷師が霊能力でMH370便を捜索

8日未明から消息を絶っているマレーシア航空370便について、マレーシアの著名な祈祷師IbrahimMatZin氏が11日午後、クアラルンプール国際空港に到着し、霊能力で同便の行方を探った

結果は?

1 2 3





HTN23さん